Scheduleアーカイブ

しだれ柳

”しだれ柳”  荒﨑一海著  徳間書店
筆者の作品は初読み。
武士の身分で町娘と所帯を持ち料理屋を営んでいる晋悟の周りで繰り広げられる捕物帖。
捕物のストーリーはともかく、食べ物に関する記述が多過ぎて
 ナカナカ集中して読み進めることが出来なかった。

 

タグ

Commentコメント

通報するとLaBOLA事務局に報告されます。全ての通報に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に通報しました。