Scheduleアーカイブ

冬天の昴

”冬天の昴”  あさのあつこ著  光文社
弥勒シリーズ第5作目のようだが、読むのは3冊目。
同心が女郎と心中をした事件は品川のお仙の夫の時と同じ手口で、
 そこに繋がりを見付ける木暮信次郎の眼力には毎度脱帽させられる。
遠野屋清之介と信次郎、伊佐治の掛け合いが相変わらず面白い。
 今回はおうのが良い働きを見せた。
 

 

タグ

Commentコメント

通報するとLaBOLA事務局に報告されます。全ての通報に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に通報しました。