Scheduleアーカイブ

狐火の家

”狐火の家”  貴志祐介著  角川書店
筆者の作品は初読み。
弁護士の純子と、元(もしかしたら現役バリバリ?)の泥棒で
 防犯コンサルタントの榎本が、密室殺人事件を解決していく短編集。
  探偵役にあたる榎本の飄々とした雰囲気が良い。
無理やり密室を作るのではなく、結果的に密室になっている、という設定もマズマズ。
  このシリーズの他作品も読もうと思う。

 

タグ

Commentコメント

通報するとLaBOLA事務局に報告されます。全ての通報に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に通報しました。