Scheduleアーカイブ

十四歳の情景

”十四歳の情景”  斎樹真琴著  講談社
筆者の作品は初読み。
14才の誕生日から徐々に視力が落ちていき、
 同時に「時の情景」が見えてしまうという能力を持つ女の子・潤の話。
同じ能力を持つ兄、母、従姉、そして潤を見守る同級生の男子。 
 兄妹と男子で終わるかと思いきや、家族も巻き込んだ。
  読みやすそうで実際のところ 読みやすくはない。
沢山人が死ぬが、本の表紙の色は血の色なのだろうか?
 最後の結末が酷すぎる(-_-;)

 

タグ

Commentコメント

通報するとLaBOLA事務局に報告されます。全ての通報に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に通報しました。