Scheduleアーカイブ

恋戦恋勝

”恋戦恋勝”  梓澤要著  光文社
筆者の作品は初読み。
 名前が要だが、女流作家だったようだ。
  確かに内容は女性目線。
滝沢馬琴と息子の嫁・蕗との関わりで周りの人々の恋の話が6編。
 馬琴は晩年に目が不自由になり、
  南総里見八犬伝の終盤を嫁の路が口実筆記することになった。
 苦闘する嫁は大変だったが、路には一緒に完成を目指す喜びもあった。
幸せばかりでない恋の話が多かったが馬琴にリンクしていて興味深い。

 

タグ

Commentコメント

通報するとLaBOLA事務局に報告されます。全ての通報に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に通報しました。