Scheduleアーカイブ

太宰治の辞書

”太宰治の辞書”  北村薫著  新潮社
筆者の作品は久々。
芥川の「舞踏会」に始まり、三島の論評、そして太宰治「女生徒」へ。
 そこに記された「ロココ料理」なるものの探求が基軸。
  その過程で前橋出身・萩原朔太郎の詩篇も多数引用され、
   文学的匂いがやたら強い内容となっている。
私は太宰ファンではないので「女生徒」は当然乍ら読んだことが無い。
 特定の読者には面白いのだろうが
  私には編集者である主人公の思いについていけない感じだった。
それにしても最後に国会図書館に無かった「掌中新辞典」が
 まさか地元群馬県立図書館にあったとはビックリ(;'∀')

 

タグ

Commentコメント

通報するとLaBOLA事務局に報告されます。全ての通報に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に通報しました。