Scheduleアーカイブ

野望の憑依者

”野望の憑依者”  伊東潤著  徳間書店
筆者の作品は久々。
室町幕府を開いた足利尊氏の家宰・高師直が主人公の話。 
軍事的な才能でひたすら己の野心のために戦う武将。
  最後の最後には非情に徹しきれず滅びる 、そう言った意味では、
  下克上の先駆けでありながら家宰の立場から出る事が出来ず
   自身の野望を叶える寸前で潰えてしまった。
北条と後醍醐天皇の対立に始まり
 北朝・南朝の対立までの時代を扱っている。
頑なまでに南朝方を貫いた楠木正成、新田義貞らに比べると
 北朝方の武将たちは日和見タイプが多かったようだ。

 

タグ

Commentコメント

通報するとLaBOLA事務局に報告されます。全ての通報に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に通報しました。