Scheduleアーカイブ

アサっての人

”アサっての人”  諏訪哲史著  講談社
筆者の作品は初読みの筈だが・・・
 タポンチュとかチリパッハに覚えがあるのは
  群像で作品の一部を読んだのだろう。
アサッテの人とは叔父のことのようだが
 自分自身のことでもあるようだ。
本を読み過ぎて精神を病んだ筆者の手による
 理解しにくい作品を可とする読者もいるが
  私はあまり好みではない。

 

タグ

Commentコメント

通報するとLaBOLA事務局に報告されます。全ての通報に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に通報しました。