Scheduleアーカイブ

ナモナキラクエン

”ナモナキラクエン”  小路幸也著  角川書店
「楽園の話を、聞いてくれないか」そう言いかけて、父は逝ってしまった。
 山、紫、水、明と名付けられた異母4兄弟姉妹と、一通の遺書だけを遺して。
そしてその遺書には、4兄弟姉妹それぞれの母親について書いてあった。
 「必要があると考えるなら、会ってこい」
何故父は結婚離婚を繰り返し、我々家族を作ったのか?
 ひと夏の旅の果てに明らかになる真実とは何か?
文章の雰囲気は、まったりしているが
 内容のハードさにはビックリさせられる作品。

 

タグ

Commentコメント

通報するとLaBOLA事務局に報告されます。全ての通報に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に通報しました。