Scheduleアーカイブ

途方もなく霧は流れる

”途方もなく霧は流れる”  唯川恵著  新潮社

筆者の作品は久々だが、内容は良かった。

主人公・岳夫は、42歳で離婚し

 50歳で大手航空会社をリストラにより早期退職。

 付き合っていた同僚の女性からも手を切られ、

 父親が残した軽井沢の別荘に住む。

そして今までの仕事から解放され、

 生きることは何かを考えながら軽井沢に生きる。

捨て犬を拾って、育てるところの描写も良いが、

 他の登場人物である小料理屋女将と娘、元夫、

 知的で冷静な女性獣医、美しい人妻等も

 新しい人生を切り開いて行こうとしている。

後半には予想もしない展開があるが、

 全体的に清々しい人物も多く、

また、軽井沢の美しい情景の描写も良かった。

 

タグ

Commentコメント

通報するとLaBOLA事務局に報告されます。全ての通報に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に通報しました。