Scheduleアーカイブ

霧の城

”霧の城”  岩井三四二著  実業之日本社

筆者の作品は久々。

敵対する織田方の城を攻略するため、

 その城主・おつやに恋文を渡し婚姻し、

 城を乗っ取る奇策にでた武田家家臣の秋山伯耆守。

その奇策が功を成し城は武田方になる。

織田信長の叔母・おつやの心の移ろいを

 女性目線で描かれている。

最期は、信長によって処刑されるが、

 やっと子を授かりながら死に行くおつやが悲しい。

 

タグ

Commentコメント

通報するとLaBOLA事務局に報告されます。全ての通報に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に通報しました。