Scheduleアーカイブ

今日のテニス覚書

�ボレーでは、スタンスを広くとって姿勢を低くし、


「つま先立ち」すると、自分で思ったよりも早く動ける。


また、真正面を向いて適当に打とうとすると失敗するので、せめて斜め向きにすべき。


 


�ストロークで気をつけること


・フォアもバックも、フォワードスイング(=テイクバック完了からインパクトまでの間)は、「大きく」とること。


∵これが小さいと、肘が窮屈になってしまい打ちづらいし、ラケットヘッドが加速しない。


・フォアもバックも、前に出ている側の肩をインパクト時までキープすること。


∵体が開くのが早いと、力が逃げてしまって力の伝導効率が悪くなる。


・相手のボールの軌道と、自分のスイング軌道、そしてその二つがランデヴするタイミングを想像しておくこと。


・打点は体からなるべく遠いところで。


 


・スイングスピードを出すことを第一に考えること。


=後→前の体重移動も、ゆっくりとやると逆効果。


右足に溜めた力は、インパクト時に向けて一気に解放すること。


 


・右手首は、立てたままテイクバック、フォワードスイングで少し解放、そこからパームアウトすること。


∵完全に寝かせると、スピン過多になり、ネットすることが多い。


・打ち終わりは、左肘のあたりに右手首が来るように。


∵左肩まで振りぬいてしまうと、上への力が強くなり過ぎてアウトする。


 


 


�サービスについて


・トスアップは、内→外の上げ方で正解。


=上げ始めは左腿の内側からスタート、そこから左斜め上に向けて腕を上げる。


→斜め上に上がるので、打点を前にとれる。


・トスアップ後、左手はやや右に戻して、左手越しにボールを見る。


・その間に、右胸から右肘のあたりを「引き絞る」ようにして、力を溜める。


・曲げた膝の力を、胸+右肩+右肘に伝える。


・右腕のスイングは、右肘を振るようにして振る。


・なるべく顔を残すようにして、スイング速度を増すことだけを考えて、スイング。


・フラットは体をやや開き気味にして、後ろから前にスイング、


スピンは体を閉じたまま、頭の後ろからスイング。


・なお、右肘から先については、ひっきーさんの日記にあるように、「脱力」しているほうがよい。


手首の形も、セットポジションの形のままヒットすると考えられるので、その時に作っておく方がよい。


 


�その他


・雨が降ると、ハードコートはすっごい滑るよ!

タグ

Commentコメント

報告するとLaBOLA事務局に通知されます。全ての報告に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に報告しました。