Scheduleアーカイブ

倉田山球場(伊勢市営球場)

 

今回、三重大会を観戦した場所は「伊勢市倉田山公園野球場」。

しかし、この正式名称よりも「伊勢市営球場」、または単純に「市営球場」と言った方が地元では通りがいいようです。


球場へのアクセスとしてはJR・近鉄の「伊勢市駅」、または近鉄「宇治山田駅」から三重交通バスに乗車。約10分程度で「河口外科前」停留所に到着(運賃は200円)。ここから丘の方に向かってなだらかな坂道を登っていくと5分程度で球場が見えてきます。


場外には前の日記で書いたように野口みずきさんの金メダル記念碑がまず手前にあります。これを通り過ぎると左手に西村幸生氏の胸像、そして右手に沢村栄治氏の胸像、という順に見ることが出来ます。


球場外観は内野スタンドは濃い目のアイボリーです。(外野はコンクリート擁壁と土盛り。)
スタンドは内野が全席長イス、ベンチ横から外野までは全て芝生席です。(収容8,200人)。
グランドは内野がクレー、外野が天然芝、両翼は97.5m、センター122mです。
スコアボードは右中間寄りにあり、磁気反転式。ただしこのスコアボードはメンバー表示がポジション番号しか出せません。名前が出ないのはここで試合をする高校球児には気の毒ですね。


この球場の一番の特徴は照明塔の鉄骨が緑色に塗装してあることです。スコアボードも緑色で周囲も山に囲まれているので視界はとにかく緑一色、というイメージです。

設備面での欠点はまず内野の長イスが老朽化し一部破損していること、
バックネットの支柱がグランド内に4本あって見づらい場所があること(ネットも濃くて見づらい)、
トイレが一箇所しかなく、あまり綺麗で無いこと(3塁側の端にあるので1塁側からは遠い)、
芝生席の傾斜が無茶苦茶きつくて座りにくいこと、などです。

高校野球三重大会は4箇所(四日市・松阪・津・伊勢)で開催されますが、ランクとしてはおそらく下位の方でしょう。
来年、独立リーグ三重スリーアローズが設立された時、ここが公式戦会場として使用されるのかどうなのか?この点は不明です。
上記のように決して良好な野球場ではありませんが、沢村栄治・西村幸生という戦前の大投手を生んだ土地で野球が盛んに行われて欲しいという気持ちが個人的には強いです。



外野はコンクリート擁壁と土盛り。ここだけを見ると野球場とは思えません。(照明塔が無ければ野球場とは分らないかもしれません。)



内野スタンドから見ると外野後方は山また山です。



スコアボードはメンバー表示がポジション番号のみです。



これは今回のネタ(苦笑)。
雨が降っていないのに何故か傘を差すおじさん。透明なのでこれでは日傘にはなりません。
むしろ風の通りが悪くなって余計に暑いんじゃないかと・・・・いわばビニールハウス状態?(汗)

タグ

Commentコメント

通報するとLaBOLA事務局に報告されます。全ての通報に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に通報しました。