Scheduleアーカイブ

BCリーグの特異なCS手法

今年は感染症絡みで独立リーグも特異な運営を行っています。

その内の一つ、BCリーグについて。

 

通常ならば2地区制(東・西:各6チーム)なのですが、今期限定で3地区制(東・中・西:各4チーム)に。

更に各地区とも2チームずつにブロック分けし(A・B・C・D・E・F:各2チーム)、隣県同士の対戦がかなりの割合を占めるようになっています。これはもちろん「移動距離・移動時間の削減」ですね。

 

そして例年は前後期2シーズン制を採用しているのですが、今期は1シーズン制です。

 

リーグ戦は終わり、間もなくチャンピオンシップ(以下、CS)に入ります。

この手法も例年とは異なっています。

 

まずは各ブロックの上位チーム同士で「地区CS」を実施。(2チーム×3地区、つまり6チーム参加)

この地区CSは一発勝負で、勝った3チームとワイルドカード1チームの計4チームでトーナメントCSを実施。(ワイルドカードは負けた3チームの中から得失点差などで選定。)

準決勝、決勝と全て一発勝負で最後に勝ったチームが今年のリーグ優勝となります。

 

何か月も戦った苦労の成果が各段階ごとに一発勝負で決まるのは少々気の毒ですが、やむをえませんね。

コロナがもっと酷い状況であれば今期全く何も出来ない可能性があったわけです。たとえ変則的とはいえ観客を入れてのリーグ戦やCSが出来るのですからまだ幸いです。

 

地区CSのカードは以下の通り。(左がホーム。勝率の高いチームにホーム開催権あり)

東:栃木ゴールデンブレーブス VS 神奈川フューチャードリームス 会場:小山球場

中:信濃グランセローズ VS 福島レッドホープス 会場:松本市四賀球場

西:福井ワイルドラプターズ VS 富山サンダーバーズ 会場:福井県営球場

 

今期のリーグ戦は同地区内での対戦ばかりだったので、各チームの実力差は不明瞭です。

どんな結果が出るのか全く予測できません。

 

<追記>

地区CS結果

東:〇神奈川 15ー3 栃 木●

中:〇信 濃 12ー6 福 島●

西:〇福 井   4ー2 富 山●

(富山がワイルドカードで準決勝へ)

 

トーナメント結果

準決勝 

〇神奈川 10-9 富 山●(神奈川:海老名球場)

〇信 濃   6-5 福 井●(長 野:オリスタ)

 

決勝

〇神奈川 1-0 信濃●(神奈川:平塚球場)

 

神奈川の初優勝。ちなみにリーグ参入初年度で優勝したのは史上初めて。

 

 

最後に。

今年はBCリーグ王者と四国アイランドリーグ王者とで戦う「グランドチャンピオンシップ」は行われません。これもやむを得ないことではありますが、二つのリーグの力の差を推し量れないのは残念です。この点はドラフトに影響があるかもしれないので、気になっています。

タグ

Commentコメント

通報するとLaBOLA事務局に報告されます。全ての通報に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に通報しました。