Scheduleアーカイブ

準決勝観戦




(写真はとても見にくいが序盤の花巻外野シフト。クリーンアップのときはほぼフェンスにべったりだった)

結果的に第二試合は大差の決着となってしまった。

先発回避の菊池投手、初回のピンチにブルペンに向かったものの軽いキャッチボールのみ。先発吉田投手で引っ張ってリリーフかとも思っていたが、この様子だとおそらく無理なのだろう。

唯一のチャンスは4回、牽制がそれて一、三塁。次の球、カウント2−3からスクイズ敢行も結果最悪の併殺となる。ここはどんな形でも同点にしたいところだったのだが打球が転がらず。

4回裏、一発を浴びなお続いたピンチに猿川にスイッチ。これでいよいよ菊池リリーフは難しいとみたが、勢いはとめられず、結局送り出したくなかった菊池をマウンドへ。都合4失点でゲームを離れ、あとは練習試合のようになってしまった。

花巻サイドとしては菊池をジョーカーに使い、あるあると見せて中京の焦りを誘いたかっただろうが、中京の打線がそれを許さなかった。菊池登板で一気に球場の雰囲気が変わるかと期待もあったが、観衆を味方につける間もなかった(投球の時のフラッシュの光りようはさすがに多かったが)。

ゲームプランを崩された花巻東はなすすべなく敗れた。これが貴重な糧となり、近いうちに再びの夢を見せてくれるだろうか。











タグ

Commentコメント

通報するとLaBOLA事務局に報告されます。全ての通報に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に通報しました。