ジェイミー・マクドネルvs井上尚弥 決定!

体重超過を犯し、それでも強行されたタイトルマッチで山中慎介を倒したルイス・ネリに、WBCとJBC(日本ボクシングコミッション)はネリの永久追放処分を課しました。

 

 

対山中戦の初戦でドーピング疑惑があり、厳重注意の後、2戦目では体重超過。しかも2階級上のウェイトで来ましたからね・・・

 

 

最後の最後にこんなボクサーと運命を交差してしまった山中が気の毒で仕方ないですね。

 

 

ただ、WBCのタイトルマッチは出来ない。日本のリングには立てない。これだけの愚行を犯してもネリに下った処分はこれだけ。今後もネリは日本以外では試合が出来るし、WBC以外の団体の世界タイトルマッチは出来る。ここはもうWBCだけではなく、WBA・IBF・WBOも一緒に世界統一ルールを作って、この悪質な行為が他の選手にも行われないような態勢作りをお願いしたいですね。

 

 

今回の山中を見ていると、正直者が馬鹿を見る、という言葉が頭に浮かんで本当に腹が立つ!

 

 

山中の仇をぜひ井上尚弥に取ってもらいたいと切に願います。

 

 

あ、ネリはもう日本ではやれないのか(苦笑)

 

 

その井上は正式にバンタム級に転向して、5月にジェイミー・マクドネルが持つWBAタイトルに挑む事が決まりました。勝てば世界3階級制覇達成ですが、相手のマクドネルはなかなかの強敵で、井上といえど少し手こずる可能性もありますね。

 

 

マクドネルは亀田和毅に2連勝している選手で、178cmとバンタム級では破格の長身選手です。長いリーチで距離を取り、相手の届かない距離から自分のパンチだけを当てるのがうまく、接近戦になっても回転の速い連打が出る、くっついても離れても強い選手ですね。

 

 

井上はその距離をどう詰めるか。井上の鋭い踏み込みと強烈なボディーショットでマクドネルを少しづつ消耗させて、後半には倒せるんじゃないかなとは思いますが、序盤にマクドネルがリズムを掴んじゃうと、あれよあれよの展開が無いともいえない。

 

 

予想するなら井上を推しますが、マクドネルの実力も侮れない、興味深いタイトルマッチには違いないですね。

 

 

あ、あと亀田興毅が1試合限定で現役復帰するのだとか。まだ相手は発表されてないですが、ランダエダとかポンサクレックとか、もう引退している選手を引っ張り出してくるのはやめて欲しいですね・・・

 

 

あ、バンタム級なんだからネリとやって欲しいわ!

 

 

相手がネリなら、全力で亀田を応援しますよ!(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

spa

 

 

 

Commentコメント

通報するとLaBOLA事務局に報告されます。全ての通報に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に通報しました。