Scheduleアーカイブ

井岡vs田中 番外編

こんにちは、spaです。

 

 

大晦日決戦はいい試合だったけど、試合後に井岡のタトゥーに関して、思わぬ事で問題が起きちゃってますね。

 

 

ま、ここで僕の個人的な思いを書かせて貰うとしたら。まず、タトゥーそのものに対しては僕は別にいいと思いますよ、実際、僕の周りにもタトゥー入れてる友達、たくさんいるしね(笑)

けど、ルールで定められてる以上、井岡はタトゥーを隠して試合をすべきだったと僕は思います。だってそれがルールな訳だし、実際に井岡もこれまでの試合ではタトゥーを隠して試合をしていた訳ですし。

でも田中戦では井岡がタトゥーを隠してなかったので僕も、あれ?とは思ったんです。いや、画面でははっきりタトゥーが見えてるけど、もしかしたら実際には薄くしてるのかなとか思ってたけど、今になって日本ボクシングコミッション(JBC)が、試合前の忠告を無視してリングに上がった井岡の処分を検討しているとかいう声明を出し始めたのを聞いて、とても残念に思いますね。

それと、だったらJBCは井岡をリングに上げちゃダメだったんじゃないですか?

海外ではOKでも、日本では胸、背中、上腕にあるタトゥーは隠して試合をしないといけないというルールがある訳だから、このルールが、新しい、古いとかいう概念はひとまず置いといて、定められてるルールをきちんと守れないのであれば、JBCはそういう選手をリングに上げてはいけなかったはずだ。

ルールを守らないという事は、これは対戦相手が計量オーバーしたにも関わらず、その選手をそのままリングに上げて戦わせてしまった、山中慎介のラストファイトとそう何も変わらなくなってしまう。

 

 

確かに井岡vs田中戦は話題になったし、試合内容も素晴らしかった。だからこそルールを無視した井岡に対しても、試合を強行してしまったJBCに対しても、とても残念に思いますね。

どんな事情があったにせよ、不正(あえて不正と呼ばせて貰うけど)を行なった選手の試合の開始ゴングをならすべきではなかったと強く僕は思う。

 

 

井岡がタトゥーを隠さないで試合をしたいのなら、まずルール改正に声を上げるのが先だし、それで井岡が日本のリングに愛想を尽かすのなら、悪いけど井岡もそれまでの選手だったと僕は思います。強い、弱い、勝った、負けたより、プロ選手として、もっというと人として、そんなものより大事なものがあると思うので。

 

 

ま、最後にちょっと個人的な意見を書くけど。

タトゥーくらいいいんじゃない?って僕は思ってますよ。顔以外はOKくらいで(笑)

 

 

だからこそ、今のルールは改正してもいいと思うし、井岡自身にもきちんとしたやり方でやって欲しかったですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

spa

 

Commentコメント

通報するとLaBOLA事務局に報告されます。全ての通報に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に通報しました。
×