Scheduleアーカイブ

コーヒーもう一杯

”コーヒーもう一杯” 平安寿子著 新潮社

筆者の作品は久々。

本作の主人公は店の内装関係の仕事をしていたが

 我儘な顧客とのトラブルがキッカケで喫茶店を始める。

開店日はお祝いの花がお葬式のように並び

 数日は知り合いのような客ばかりでうるさく

 数日後には常連客の溜り場になってしまっている。

そしてそのほとんどが一年を待たずして閉店。

チェーン店でない喫茶店の経営はなんと厳しいことか?

それでも主人公はめげずに次のステップに進んでいく。

 

タグ

Commentコメント

通報するとLaBOLA事務局に報告されます。全ての通報に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に通報しました。