ボールがタッチラインから出た時に、サッカーでは、手で投げ入れる「スローイン」で試合を再開します。しかし、フットサルでは、タッチラインにボールを置いて蹴る「キックイン」で試合を再開します。このフットサルならではのキックインについての注意点をお話します!

まずは基本!4秒ルール!

 

まず抑えておきたいのがこのルールです。これはキックインに限ったことではありませんが、フットサルのセットプレーには4秒ルールが適用されています。以前、別のコラムでも説明しましたが、試合が再開できる準備が出来たら4秒以内に再開する必要があります。

 

いきなり反則になった。原因は軸足の位置?

 

意外と反則を取られてしまうのが軸足の位置です。キックインをするときに、ボールを蹴らないほうの軸足がタッチラインを踏む、もしくはラインの外側でないと反則になります!また軸足がコートに中に入ってしまうのも、同じく反則になります。反則すると、その場で相手のキックインに変わってしまいます。

ボールをセットするときにも注意が必要!

 

軸足の位置が理解出来たら、次はボールをセットする位置に注意です。ボールをセットする場所は、キックインをする時にどこにボールを置いていいわけではありません。ボールはライン上かラインからコートの外側25㎝以内に置かなければなりません!これも、もちろんコート内にボールを置いた場合も反則になります!ここでの反則も相手ボールになります。

 

 

ここまでをまとめると!


・軸足はタッチラインを踏むこと。コート内に入らない。
・ライン上あるいはラインの外側25㎝以内にボールを置く。
・ボールをしっかり静止させてから、4秒以内に蹴る。

どれか1つでもミスをすると相手ボールになってしまいますので、注意してください。

 

キックインから直接ゴールは出来る?出来ない?

 

結論から言うと、キックインから相手のゴールへ直接シュートをしてもゴールは認められません。しかし、敵味方関係なく誰かに少しでも当たってから入ればゴールは認められます。あまりお勧めはできませんが、ラスト数秒の場面なら一か八かで相手にめがけて蹴り込むのも作戦のひとつです。

個サルや大会でキックインをやってみよう!

初心者向けの大会や個サルでもキックインのシーンは多くあります。ルールを正しく把握しておけば慌てることはありません!個サルでは、そこまで厳しく4秒ルールやその他の反則を取られることはありませんが、大会ではファールを取られてしまうので気を付けましょう!

 

Tag関連タグ


×