フットサルは、チームメイトから信頼されて初めてパスが回ってくるスポーツです。今回は、フットサル初心者でも周囲に「あいつ、いい動きしているな」と思わせることができる簡単テクニックをご紹介します。

 

 

うまいプレーヤーはみんなやっている!だれでもできるボールをもらう動き

 

うま見せテク1 フェイク



周囲に「コイツやるな」と思わせる一番のコツは、ボールを持っているときにすごいドリブルテクを披露することではありません。じつは、ボールを持ってないときこそ、周囲の信頼を勝ち取るチャンスです。うまいフットサルプレーヤーが必ず用いるボールがないときの動き、それが「フェイク」です。ボールをもらいたい方向とは逆に動き、すばやく切り返すことで、フリーでボールを受けることができます。

相手のマークを振り切るポイントは、外側の足ではなく、内側の足で切り返すこと。体が完全に反対方向を向くので、フェイクにウソっぽさがなくなります。


 


うまいプレーヤーは足裏でボールを操る!


うま見せテク2 足裏ドリブル





フットサル初心者は、ボールに触る面積が広いインサイドやアウトサイドでボールを運びがちですが、足裏でコントロールすることができるたけで、相手にボールを奪われる確率が格段に減ります。それは、細かくいろいろな方向にボールを移動させることができるためです。足裏ドリブルの精度を上げるコツは、自分の懐(体の真下)でボールを操ること。体より前方でボールタッチをすると相手に奪われやすく、かつコントロールしにくいので気をつけましょう。




ま見せテク3 足裏トラップ1



フットサルでもっとも大切な技術は、ボールを止めることです。あなたの周りにいるうまいプレーヤーを思い出してみてください。きっとプレー中の多くの場面で、足裏を使ってボールを止めているはずです。サッカーよりも狭いフットサルコートでは、足元にボールを収める足裏トラップが重宝します。足元にボールが収まるため、シュートなどの次の動作に移行しやすく、相手がボールを奪いにきたときにも余裕を持っていなすことができます。足裏でうまくボールを止めるコツは、パスの軌道上に体全体を持っていき、体の正面でコントロールすること。体から離れた位置でボールに触ろうとすると、うまくコントロールできずミスの原因となります。


うま見せテク3 足裏トラップ2


また、相手が迫ってきたときに有効なのが、進行方向に向かうふりをして逆方向に向かう足裏トラップです。

 


一見むずかしく見えますが、じつは足元にボールを止めているだけ。ボールを止めた足をそのまま進行方向に一歩踏み出し、その足で逆方向に踏み出すことで、迫り来る相手マークを華麗にかわすことができます。

 

簡単にゴールをゲットできるようになる!トーキックの正しい蹴り方

 

うま見せテク4 トーキック


 


「インステップで強烈なシュートが打てるようになりたい」というフットサル初心者の声を多く聞きますが、インステップシュートが打てるようになればゴール数が多くなるかというと、じつはそうとも言い切れません。なぜかというと、インステップシュートはモーションが読まれやすいためです。ゴールが小さいフットサルでゴールを決めるためには、強さよりもゴールキーパーのタイミングをはずせるシュートのほうが効果的。そこでフットサル上級者もよく多用するテクニックがトーキックです。

トーキックのコツは、ボールの中心より少し上を押し出すように蹴ること。

 

 

そして膝下をコンパクトに振ることを意識してみてください。モーションが読まれにくく、キーパーのタイミングをはずせるシュートが簡単に手に入ります。 個サルでシュートをする場面が来たら、ゴールに向かって迷わずトーキックを打ってみてください。コントロールしにくいシュートなので、キーパーの正面に向かって蹴れば少し逸れていいコースに飛んでゴールを奪うことができるでしょう。 今回ご紹介した4つのうま見せテクは、うまく見せるだけでなく、フットサルを効率的にプレーできるものばかりです。それほど練習することなく、プレー中の意識を少し変えるだけでできるテクニックなので、ぜひ試してみてください。

 

Tag関連タグ


×