施設利用細則

■ フットサル台場 会員規約 メンバー登録を希望するチームは、所定の手続きを行い、定められた年間登録料を納入しなければなりません。 メンバーの資格は、所定の手続きを完了したときに取得するものとします。 メンバーの登録機関は、メンバー資格を取得した日から1年とします。 メンバー規約詳細 第一章 総則 第一条 名称・目的 本規約の対象となる施設は、FUTSALDAIBA(以下、「本施設」という)と称し、会社所定の手続きによりメンバー登録する者(以下、「メンバー」といいます)が、会社のコート(以下、「コート」といいます)およびそれに付帯する施設を利用することにより本施設利用者相互の交流と友好を深め、メンバーの健康維持かつサッカー・フットサル等の技術の向上およびスポーツの振興を図ることを目的とします。 第二条 運営・管理 本施設の運営・管理は、株式会社AUGMENT(以下、「会社」といいます)が行ないます。 第三条 所在地 本施設は、事務所を東京都江東区青海2-6-3 大江戸温泉物語駐車場内 FUTSALDAIBA クラブハウス内におきます。 第二章 メンバー 第四条 資格 本施設のメンバーは、本施設の趣旨に賛同し、本規約その他会社が定める諸規定を確認のうえ、これらを厳守することを承諾した個人、チーム、又はチーム構成員でなければならない。 第五条 入会登録手続き 本施設に登録を希望する個人又はチームは、所定の手続きを(本施設WEBサイトまたは本施設事務所にて)行い、会社の定める年間登録料(個人は無料)をコート利用前までに納入しなければなりません。なお、納入された年間登録料は理由の如何を問わず返還しないものとします。 ■ フットサル台場 施設利用細則 第1条(登録料、コート利用料、施設利用料およびその他料金等) FUTSALDAIBA(以下、「本施設」といいます)のメンバー規約 第5条の年間登録料、及び第9条のコート利用料等は別に定めるものとします。 第2条(営業時間等) 本施設の営業時間および利用時間は、別に定めるものとします。 第3条(コートの利用) コートの利用は、原則として1時間単位(1面)といたします。 メンバーは、利用時間が終了しましたら、速やかにコートを空けなければならないものとします。万一、利用時間を超過した場合は、超過時間の長短に係わらず、コート利用延長料を申し受けます。 第4条(禁止事項) 本施設は、次に掲げる事項を禁止いたします。 (1)コート内での食事および喫煙等 (2)コート内でのスパイク使用 (3)駐車場内でのボールの使用 (4)防球ネットを越えるようなパスやシュート (5)営利目的でのコート利用(事前に申請・ご相談下さい) (6)周辺に迷惑となる行為(ボールを蹴り込む、大声を出す等) 第5条(駐車場) 会社は、天災地変、法令の制定改廃、行政指導、社会情勢、経済状況の著しい変化、会社経営上の都合、その他やむを得ない事由により駐車場を拡張または縮小することがあります。この場合、メンバーは異議の申し立て、権利の主張、その他一切の請求ができないものとします。 第6条(消費税等) 本施設に係わる年間登録料、コート利用料、およびその他の料金に係わる消費税および地方消費税はすべて内税方式とします。 第7条(細則の改定および効力) 会社は、天災地変、法令の制定改廃、行政指導、社会情勢、経済状況の著しい変化、会社経営上の都合、その他やむを得ない事由により、メンバー登録条件、利用条件等を変更する必要があるときは、随時本規則を改定することができ、その効力は全てのメンバーにおよぶものとします。メンバーは、細則の改定に対して異議の申し立て、権利の主張、その他一切の請求ができないものとします。 ■ フットサル台場 施設利用約款 フットサル台場は、すべてのフットサル・サッカー好きの皆様に、最高のロケーションと充実した設備を提供するスポーツ施設です。 第1条(約款の適用) FUTSALDAIBA(以下、「本施設」という)を利用する方は、本約款に従ってご利用いただくものとします。 第2条(利用契約の成立) 本施設を利用される方は、利用前にフロントにおいてあらかじめ受付をしていただきます。これにより、本施設は利用者およびその同伴者の施設利用をお引き受けするものとします。ただし、本施設が承諾をしない旨の意思を明示したときはこの限りではありません。 a.利用者および同伴者以外の方の施設内への立ち入りを制限する場合があります。 第3条(利用の拒絶) 本施設は、次の場合には、その都度または将来にわたりご利用をお断りすることがあります。 (1)利用状況が本約款によらないとき (2)天災地変、法令の制定改廃、行政指導、社会情勢、経済状況の著しい変化、会社経営上の都合、施設の補修、その他やむを得ない事由により、本施設の全部または一部を閉鎖または運営を停止し、もしくは利用を制限するとき (3)利用者が集団的または常習的に暴力的不法行為を行う恐れがあると認められるとき、及びその他公の秩序、または、善良なる風俗に反する行為をなす恐れがあると認められるとき a.本施設は、利用者が次の一にでも該当する場合には、その都度または将来にわたりご利用をお断りすることがあります。 (1)心臓病、高血圧症、皮膚病、伝染病、精神病およびこれに類する疾患の方 (2)他の利用者に迷惑をかける恐れがある方 (3)その他の理由により、本施設を利用することが好ましくない事由が認められる方 b.利用を開始した後でも、利用者が他の利用者または本施設に迷惑をかけ、またはかける恐れがあると認められるときは、その都度または将来にわたりご利用をお断りすることがあります。 第4条(休業日、営業時間) 本施設の休業日と営業時間は、本施設の定めるところによるものとします。 ただし、本施設は随時それらを変更することができるものとします。 第5条(利用料等) 利用者は、本施設の定めるところにより利用料が発生するときは利用料等を支払うものとします。なお、納入された利用料等は、理由の如何を問わず、返還しないものとします。 a.利用料等の支払いは定められた方法により行われるものとします。 b.キャンセル料についても同様とします。 第6条(貴重品および携帯品等の管理) 金銭その他貴重品等は、利用者が自己の責任で管理するものとし、本施設の責に帰すべき事由による場合を除き、盗難、紛失等に対して本施設はその責任を一切負わないものとします。 第7条(自己責任) 金銭その他貴重品等は、利用者が自己の責任で管理するものとし、本施設の責に帰すべき事由による場合を除き、盗難、紛失等に対して本施設はその責任を一切負わないものとします。 第8条(駐車) 駐車について、本施設はその場所を提供するだけのものであって、本施設の責に帰すべき事由による場合を除き、損傷・盗難等について本施設は一切の責任を負わないものとします。 第9条(喫煙) 本施設内では、灰皿のある場所以外は禁煙とします。 第10条(第三者への賠償) 利用者(同伴者等も含む)が利用時において、他の利用者または第三者から傷害その他の損害を受けた場合は、その損害賠償はその相手方に直接請求するものとし、本施設はそれに関し一切責任を負わないものとします。 第11条(本施設への損害) 利用者は、利用者の責に帰すべき事由により、本施設へ損害を与えた場合はその損害を賠償するものとします。 第12条(禁止される行為) 本施設内での次の行為はすることができないものとします。 (1)賭博、その他風紀をみだす行為 (2)物品販売、宣伝広告等の営業行為 (3)定められた場所以外での飲食行為 (4)その他、他人に迷惑を及ぼす行為および不快感を与える行為 第13条(諸規則の遵守) 利用者は本約款、規約および細則または本施設の口頭または掲示等による指示を遵守するものとします。 第14条(約款の改定) 本施設は、随時本約款を改定することができるものとします。なお、利用者はその改定に関し、本施設に何ら意義を申し立てないものとします。