ご利用規約

第1条 (名称)
本規約の対象となるクラブは「TOPS FOOTBALL PARK 立川」(以下「本クラブ」という)と称する。 第2条 (運営・管理)
本クラブの運営・管理は、株式会社TOPS(以下「当社」という)が行う。 第3条 (所在地)
本クラブは、事務所を東京都立川市曙町2-11-2内に置く。 第4条 (目的)
本クラブは、当社が本クラブ所在地において運営するフットボールのピッチ(以下「ピッチ」という)及びそれに付帯する施設(以下、総称して「施設」という)を利用して頂くことにより、相互の交流と友好を深め、健康維持とフットボール等の技術の向上及びスポーツの振興を図ることを目的とする。 第5条 (適用対象)
本規約は、施設を利用するすべての者(以下「利用者」という)に適用され、施設を利用したもの及びその利用の申し込みをしたものは、本規約に同意したものとみなす。 第6条 (利用資格)
利用者は、本クラブの趣旨に賛同し、本規約その他、当社所定の諸規定を確認のうえ、これを遵守するものとし、かつ以下の各号の全てに該当する者とする。
(1) 健康状態が本クラブ施設の利用に支障の無い者
(2) 暴力団及びそれに類する組織またはその構成員ならびにそれらに準ずる者(以下「反社会的勢力」という)と認められない者
(3) 過去に当社より会員からの除名等の通告を受けていない者(ただし、当社が検討した結果利用を認めることがある)
(4) その他、当社が適当と認めた者 第7条 (除名)
当社は、利用者が、次の各号の一に該当するときは、除名することができる。
(1) 本規約、その他当社所定の諸規定に一つでも違反したとき
(2) 本規約第6条に定める利用資格を喪失したとき
(3) 本クラブの会費・諸費用等を滞納したとき
(4) 施設等を故意または重大な過失により損壊したとき
(5) ご予約等申込に際して虚偽の申告をしたとき
(6) 反社会的勢力であることが判明したときまたは反社会的勢力の活動を助長し、それらの運営に資する疑いのあるとき
(7) 法令に違反したとき
(8) その他、利用者として相応しくないと当社が認めたとき 第8条 (利用者の関与)
利用者は、本クラブの運営管理について関与する権利を一切有しないものとする。 第9条 (ピッチ利用料)
利用者は、施設を利用する場合、当社所定のピッチ利用料及び施設利用料等を、当社所定の方法で当社に支払うものとする。
 第10条 (利用者の規約遵守義務及び禁止事項)
(1)利用者は、施設の利用にあたり、本規約その他当社所定の諸規定を遵守するものとし、これらの一にでも違背した場合には、当社は施設の利用を断ることができる。
(2)利用者は以下の行為を行ってはならないものとする。
  ①当社の信用を著しく害する行為、利用者としての品位を損う行為及び公序良俗に反する行為
  ②当社の承認を得ることなく本クラブの施設内で行う営利行為ならびに本クラブの施設内で行う政治活動及び宗教活動
  ③施設及び設備等の損壊及び備品等の持ち出し
  ④法令で禁止されている行為及び第三者の権利を侵害する行為
  ⑤特定の思想・信条、国籍、人種や団体等に対する差別、排斥及びこれを援助助長することを目的とした行為
  ⑥当社及び本クラブならびにその職員及び他の利用者に対する迷惑行為
  ⑧本クラブの秩序を乱す行為
  ⑨その他、当社が利用者としてふさわしくないと認める行為 第11条 (施設の利用)
利用者は、施設を利用する場合、あらかじめ当社所定の手続きにより申込をする。なお、利用者の都合により施設の利用をキャンセルするときは、当社所定のキャンセル料を支払うものとする。
(1) 利用者は、本クラブの営業時間中に本規約その他、当社所定の諸規定に従い、施設を利用するものとする。ただし、当社が特別行事等で使用する場合、施設の全部または、一部について利用者の利用を制限したといえども、利用者は当社に対し何らの異議を申し立てないものとする。 第12条 (責任事項)
(1) 利用者は本クラブの施設を利用する場合は、利用者の責任と危険負担において利用するものとする。利用者は、本クラブにおいて自己の技量を超えた危険行為を行ってはならないものとする。
(2) 当社は、施設内で発生した傷害、盗難等の人的、物的事故については、当社の責に帰すべき事由がある場合を除き、一切の責任を負わない。利用者同士の本クラブ内外でのトラブルについても同様とする。
(3) 利用者は、本クラブの施設を利用中に、利用者の責に帰すべき事由により、当社または第三者に損害を与えた場合は、速やかにその損害を賠償しなければならない。 第13条 (個人情報)
(1) 当社は、利用者の個人情報を本クラブの運営及びサービスの提供(そのために必要な利用者への連絡を含む)のために利用するものとし、適切な管理に努める。以下の場合等を除き、本人の承諾なく利用者の個人情報の第三者への開示提供は一切行わない。
  ①情報開示や共有について利用者の同意がある場合
  ②利用者が希望するサービスを提供するために、情報の開示や共有が必要と認められる場合
  ③裁判所や警察等の公的機関から、法律に基づく正式な照会を受けた場合
  ④利用者の行為が、利用規約に反し、当社の権利、財産やサービス等を保護するため、必要と認められる場合
  ⑤人の生命、身体および財産等に対する差し迫った危険があり、緊急の必要性がある場合
  ⑥その他法令に従い開示が認められる場合
(2) 第1項に関連して、利用者は、当社の有する利用者情報に基づき当社から利用者に対し、催事の案内等を、ダイレクトメールなどにより送付することを予め同意するものとする。ただし、利用者から当社に対して拒否の通知をした場合はこの限りではない。 第14条 (特別行事等)
当社は、他の会員向け及び一般向けにスクール・イベント等を実施することができる。これにより利用者に対する施設の利用を制限した場合といえども、利用者は当社に対して何ら異議申し立てはできない。
 第15条 (施設の閉鎖、利用の制限)
天災地変、法令の制定改廃、行政指導、社会情勢、経済状況の著しい変化または、当社経営上の都合その他やむを得ない事由が発生した場合、当社は施設の全部または一部を閉鎖もしくはその運営を停止、もしくは利用の制限をすることができる。
(1) 当社は、前項により施設の全部を閉鎖した場合、それに対して補償は一切行わない。
(2) 前二項の場合、利用者は当社に対し何らの異議を申し立てない。
 第16条 (休業日)
(1) 当社は、施設の点検、補修及び改造等施設の管理運営上やむを得ない場合は、別途施設に掲示のうえ臨時に休業日を設け、あるいは利用の制限ができるものとする。
(2) 当社は、定休日及び臨時休業日の設定及び変更等を行う場合、利用者に対して補償を要さない。 第26条 (料金の改定)
当社は、利用料及びその他の諸料金を経済情勢の変動等により随時これらを改定することができる。
 第17条 (細則等)
本規約に定めのない事項及び運営上必要な事項は、別途細則等で当社が定めるものとする。
 第18条 (規約の改定及び効力)
当社は、随時本規約を改定することができ、その効力は全ての利用者に及ぶものとする。なお、利用者はその改定に関し、当社に何ら異議を申し立てない。 第19条 (管轄)
本規約及びその細則等に関する一切の紛争は、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とする。