OPEN

RemoteLOCK連携サービス

スポーツ施設の運営を
無人化・省人化するソリューション

RemoteLOCK×LaBOLAで
レンタルスペースのビジネスが広がります。

離れた場所にある施設の
レンタル

予約した利用者への物理的なカギの受渡しが不要となり、オフィスから離れた場所にあるスペースでもレンタルが簡単に行えるようになります。

早朝や深夜などへの
営業時間拡大

スタッフの確保や配置がしづらい早朝や深夜などの時間帯にも営業時間を拡大し、運営することが可能になります。

大規模施設の
運営管理

広い敷地にある総合スポーツ施設や陸上競技場、スタジアムなど、少人数のスタッフでは目が届きにくいような施設でも適切な運営管理ができます。

LaBOLAからの予約に応じて
RemoteLOCKの解錠キーを自動送信。
人手を掛けずにレンタルスペースの管理、
運用がより安全に簡単に行えます。

【運用の流れ】1.予約/事前決済(※1) 2.解錠キーの発番 3.通知(※2) 4.来場 5.解錠 6.入場
  • 事前決済を行うには別途、LaBOLAのWEBクレジット決済のオプション契約が必要です。
  • 解錠キーは予約完了メールに記載のURLから確認できます。LINE公式アカウント連携をご契約の場合、LINEメッセージからもご確認いただけます。

RemoteLOCK連携サービスは、
さまざまな運用形態の施設に対応できます。

レンタルスペースを個別に管理したい。

レンタルスペースが仕切られている場合、各スペースにRemoteLOCKデバイスを設置し、LaBOLA予約システムと連携させて運用することができます。利用者は自分が予約したスペースのみ入場可能となります。

施設全体への入場を制限したい。

RemoteLOCKデバイスをエントランスの1か所のみに設置し、施設全体への入場を制限します。利用者は施設内のどのレンタルスペースを予約しても入場ができます。

施設と予約したスペースへの入場を同時に許可したい。

利用者に対して施設全体と各スペースへ入場を同時に制限します。利用者は予約時に発行された1つの解錠キーでエントランスと予約したスペースの両方にアクセスできます。※エントランス部にアクセスコントロールシステム「TOBIRA」の導入が必要です。

RemoteLOCKと連携することで無人での営業が可能になりました。

横浜B-COURT|運営担当|前田有香

コートレンタルを始めた当初はオフィスがコートの近くにあったため対面で受付などを行っていましたが、オフィスの移転に伴い、無人での対応が必要となりました。そこでLaBOLAとRemoteLOCKを導入し、さらに連携させることで、インターネット上から予約して頂くとRemoteLOCKの暗証番号も自動メールでお客様にお伝えるすることができます。
また、利用料金も事前にクレジット決済でお支払いいただく形になっているので、PCからお支払い状況や予約状況を確認するだけで済み、社内でも予約状況を共有できるのでとても便利です。お客様にとっても移動時間の短縮などに繋がり、使いやすさが倍増し問題なくご利用いただけています。

施設の入場口の扉にRemoteLOCKデバイスが設置され、カギを開けないと中に入れないようになっています。閉じる際はオートロックされます。

RemoteLOCKデバイスがカギ部分と連動しており、解錠キーを入力すると開錠されます。また扉のフレーム内を通じて電源、LANが接続されています。

【事例写真】バスケットコートの風景写真

コートのレンタルは半面から可能ですが、奥側と手前側のどちらの予約に対してもそれぞれで解錠キーを発行します。

横浜B-COURT

横浜市都筑区を拠点とした3x3プロバスケットボールチーム『BEEFMAN.EXE』のホームコートでもあり、イベントやスクール、一般貸出も行うマルチな屋外コートです。3x3(3人制バスケットボール)に対応したコート(横15m×縦11m)×2面と、5人制のバスケットボールにも対応したフルコート(横15m×縦28m)となっております。

URL:http://beefman-3x3.com/court

施設の運営をサポートする主な機能

予約ごとに異なる解錠キーを発行

利用するスペースや日時に応じて、予約ごとに異なる解錠キーを自動で発行します。発行された解錠キーは予約したスペースとその利用日時以外では使用できません。

解錠キー発行タイミングの設定

解錠キーが発行されるタイミングを予約したスペースの利用日から起算して当日~7日前までの期間で設定できます。設定された日になるまで解錠キーは発行されません。

解錠受付け時間のコントロール

予約したスペースの利用開始時間に対して何分前から解錠できるかを設定できます。施設の運営ポリシーに応じて、「利用時間の10分前から入場できる」や「利用時間にならないと入れない」などをコントロールして運用することができます。

WEBクレジット決済(事前決済)との連動

通常、予約時のクレジット決済はその時点では与信扱いとなり、来場時の受付け処理を通じて決済確定となります。この処理をRemoteLOCKデバイスと連携し、利用者がレンタルスペースの解錠(発番された解錠キーの利用)を行ったことをフックとして自動的に行うことができます。
(※WEBクレジット決済を利用するには別途オプション契約が必要です。)

RemoteLOCK連携サービス導入の流れ

RemoteLOCKは世界で70,000台の導入実績のある
Wi-Fi接続型スマートロックシステムです。

RemoteLOCKの製品・サービスの詳細に関しましては
公式ホームページをご参照ください。
RemoteLOCK公式
ホームページはこちら

RemoteLOCK連携サービス オプション利用料

初期導入費

22,000(税込)

オプション利用料(月額)

5,500(税込)

お問い合わせ
システムの導入に関するご質問やオンラインでのご説明、デモなどをご希望の方は、
下記のフォームよりお寄せください。
PAGE TOP