Introduce N-league第8回 2014年N-leagueについて

去年は…

「Introduce N-league第7回 2013年N-leagueについて」で終わったので今季は「2014年N-leagueについて」で始まります。

 

去年と同じ形で書いていこうかと思います。いや、使い回しじゃなくって文面は完全?新規です。

 


--------------------------------------

~活動区域について~

昨年は1年目と打って変わって東側の試合数が急増しましたが、+なことばかりではなく、各チーム間のホーム、ビジターの偏重問題が浮き彫りになった形になってしまいました。

 

チームあたりのグラウンド確保力の増強があったからこそ浮き彫りになった…とも言えるのですが…。

 

そのため、今季から何らかの各チーム間の偏重の緩和策をとっていくような方向になるんじゃないかと思います。

 

1チームだけが全部ホームで試合をする、1チームだけが全部遠征しなければならない…そのような状況はやむない事情のない限りは、今年こそ無くしたいと思っています。

 

~リーグ所属チーム構成について~

昨年は東側に寄ったチーム構成になりましたが、今季からは東西中央とバランスよくチームが配置される状態になります。まだリーグHP等に記載はしていませんが、1チームの新加入が確約している状態となっています。

 

尚、昨年はリーグの加入チームを「加入までの敷居」を下げることにより、増加させることに主眼を置きましたが、本年度は、現代表の意向により、従来の加入方法(リーグHP参照)に戻し、量より質重視の募集に戻っています。

 

創設者的には、フェアプレー精神あふれ、協調性のあるチームに是非とも加入してもらいたいところです。

 


~試合数について~

昨季は前期後期で各チーム1試合の総当り形式という形を取りましたが、今季はまだ未定ですが、通年で「2試合×チーム数」ということは達成できればと思っています。

 

そして、今年こそ無効試合0、総試合100%※の消化を目指します。
※雨天中止→シーズン終了という場合を除く

 

--------------------------------------

今年は4月までは募集を続けます。

ご興味のあるチーム様は是非ご一報下さい。

タグ

Commentコメント

報告するとLaBOLA事務局に通知されます。全ての報告に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に報告しました。