2015:A代表:W杯アジア2次予選:A:vsカンボジア「勝利+α」その3

4、試合後記

MOM

「7柏木 陽介」

交代出場するや否や、スルーパスやスペースを突くパスを面白い様に通し、カンボジアの守備を掻き回した。
もはや引いて守るだけでは、守れない状況を作る等、圧倒的存在感を放った。
ハリルジャパンになって一番の司令塔であり、視野の広さとパスセンス、技術を兼ね備えた選手。
また、プレースキックの精度も高く、セットプレーでの得点力アップにも期待したい。
実際にこの試合でもオウンゴールを呼び込む精度の高いボールを入れた。

MIP

「9クオン・ラボラビー」

カウンターで、日本のDF陣を苦しめた。
シュートが決まってもおかしくない場面を何度も作った。
スピードを活かした突破で、22吉田 麻也や20槙野 智章を振り切る等、堂々したプレーぶりだった。

満足度

3点(10点満点)

勝利+α。
勝った上に色んな選手が見れた。
前半の内容は酷かったが、後半は素晴らしかった。
しかも0失点の連続試合記録と、4本田 圭佑の連続ゴール記録。
これらが示す通り攻守で、日本代表を新たな高みに持ってきている。
逆に調子の上がってこない選手も居るが、そういった選手をどう起用していくのか。
そういった課題もクリアして、代表のレベルを上げて、強い日本代表を作って欲しい。

日本から世界へ 
To Be Continued

by 杉野 雅昭(masaaki sugino)

おかしい点に対しての指摘コメントや反対意見のコメント、間違いの指摘などのコメントがあれば気軽にコメントを投稿して頂いて大丈夫ですので、宜しくお願い致します。 
良いと思ったら、評価して頂けると嬉しいです。 

Commentコメント

報告するとLaBOLA事務局に通知されます。全ての報告に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に報告しました。