Tagタグ

ルカクという男

どうもエジルだす

 

今日はマンチェスターU所属、ベルギー代表のロメル・ルカク選手について話すザマす

 

1993年、ベルギーのアントウェルペンという大都市

 

とあるコンゴ系移民の家族に大きくてたくましい赤ちゃんが産まれた

 

サッカー選手である父親は彼にロメルと名付けた

 

家族は幸せだった…

 

しかし、父親の選手キャリアは続かず

 

引退と共に家計は苦しくなった

 

まだ小さいルカクとその家族はそれでも懸命に何とか生活をしていた

 

ある日、ルカクが遊びから帰ってくると

 

台所に母親が立っていた

 

彼女はいつもルカクに大きくなって欲しいと毎日牛乳を飲ませている

 

しかし、最近になってその牛乳が薄い

 

ルカクは、母親が牛乳を台所の水で割っているところを目撃してしまったのだ

 

それでもルカクはいつもの様に笑顔で、そして力強く

 

「愛してるよママ。絶対に僕があのアンデルレヒトのトップ選手になって見せるから!」

 

「だからママは何も心配しなくて良いんだよ。」

 

と涙を流す母親に語り掛ける。

 

肌の色、体格で

 

クラスメート、敵チームの親御さん…などからバカにもされた

 

そんなルカクを日々支えていたもの

 

それは、家族に対する愛情

 

めっちゃ良い話ザマす

 

お腹痛いからトイレ行ってくるザマす

 

ブリブリブリブリィィィ!!!!

タグ

Commentコメント

通報するとLaBOLA事務局に報告されます。全ての通報に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に通報しました。