2019 J2 第17節ホームvs福岡戦

 

 

 

 

先週あんなひどい試合を見せておいて、今週は4得点とか立て直しが上手すぎるにも程がある(笑)

 

 

今回ホームに迎えたのは、監督交代を敢行した福岡。監督交代直後のチームはブーストかかる時が多いので要注意だ。

 

その不安は試合開始直後に的中する。ワンタッチパスを繋いで水戸のプレスをいなしながら縦のワンツーを織り混ぜて攻め込んでくる。

その勢いのまま10分に水戸のサイドに進入してセンタリング、ヘッドで合わされいきなり先制される。

 

しかし、そのものの5分後くらいに浅野が中央でボールを持つとドリブルで持ち込んでそのままシュート。これが決まって同点。

 

 

その後は五分の展開が続くが、ワントップに入った村田に2、3本鬼のようなスルーパスが出るが触れない。しかし、45分に白井からやさしいスルーパスをダイレクトでシュート。前半終了間際に逆転した。

 

後半に入ると水戸の攻撃にリズムが出てくる。圧巻だったのは茂木の3点目。もちろんパスを受けてからシュートまでの茂木の個人技は素晴らしいが、そこに至るまで福岡を自陣に押し込みパスを繋いで繋いで、相手を崩したのは自分的にはすごかった。

 

その後、浅野が裏に抜け出してから2点目を決めて、終盤によく判らない判定でPKを取られて1点を返されるが4ー2で快勝。

 

懸念されていた得点力不足に答えを出してみせた。これで次節は山形へ乗り込んでの文字通り首位決戦。

 

前節敗戦を喫した山口と同じく、山形も3バックを採用しているらしく厳しい試合になると思うけど、アウェーの地で頑張ってきて欲しい。

タグ

Commentコメント

通報するとLaBOLA事務局に報告されます。全ての通報に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に通報しました。