Tagタグ

妻のダメ出し

現在、2月下旬の「コミックエッセイプチ大賞」を目指してネームを作成中なんですが…


男性保育士のあるあるネタを描いてるんですが…


20ページ予定で今16ページネームが描けたんでとりあえず妻に見せた。


他に見せる人がいない、友だち少ないんで(苦笑)


ラボに載せると権利の問題とか出てしまうので…


とりあえず妻に見せるしかないのです(^_^;)


で、感想ですが…


「何かが足りない…」と(^_^;)


何かって何やねん!(^_^;)


とか言いなから…実は自分でも何か足りないのはわかってるんです(苦笑)


何かとは…男性保育士あるあるを描こうとしてるんですが、普通に保育士あるあるになってしまってるんですね…。


もっと男性保育士ならではの苦悩を描かないと…ってのはわかってるんですがどう表現すればよいやら…(^_^;)


ここへ来て一からやり直しか…?


いやいや、20ページってことは1ページ3時間で描けても60時間はかかる。


あと29日。レイトン教授やってる場合じゃない(^_^;)


今までになかった(保育野郎調べ)男性保育士コミックエッセイなので、描いててちょっと手応えを感じてるんです。


しかし逆にここで落選となると、もうこのコミックエッセイというジャンルでは戦闘不能になってしまう(ニート時代のことぐらいしか描けないです…)。


ダメ元で送ったコロコロコミックよりも勝負なんですよ!


あと1ヶ月…


やめて構成を練り直して8月締め切りの方に標準を定めるか?(^_^;)


いや、弱気になっちゃなぁ…でも自分の技術が間に合わない!


とりあえず妻に合格をもらってからか?(苦笑)

タグ

Commentコメント

通報するとLaBOLA事務局に報告されます。全ての通報に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に通報しました。