Scheduleアーカイブ

テニス観戦

日本でも多くの国際大会が開催されるこの季節。
私も楽天オープンに行く予定なのですが、
東レの観戦記を読んで、羨ましいので私も昔の観戦記などを書いてみます。

***
テニスの観戦において、最も大事なのは「座席」です。
どこに座るかによって、観戦の是非が決まると言っても過言ではないと思っています。
(以下はあくまで私の感想です。
 違うぞ!間違っている!という方がおられて当然だと思っています。
 なので、その程度のものと思って読んでくださいm(_ _)m )


1.まず、コートの横(サイドライン側)の席。
ここの席の醍醐味は何と言っても、選手の「球」を実感できることです。
目の前をボールが横切るわけですから、
 ものすごい迫力です。
そして、1stサービスと2ndサービスの落差(≒フラットとスピンの差)を、
 その目で見ることができます。

私が観た中で最も驚いたのが、
 ノーマンvsデントの試合でした。
今は「悪人」ことソダーリンのコーチをしているノーマンですが、
 バンダナにビッグサーブ、という面白い選手でした。
デントは今季、見事なカムバックを遂げた、オーストラリア生まれのアメリカ人選手です。
サーブ&ボレーを得意とする選手で、インプレー中の表情は凄いです。
いつ写真をとっても般若の形相で、彼の写真で「格好いい」ものを目にしたことがありません(^^;
つまり、二人ともサービスを得意とする選手です。
その二人のサービスは、コートサイドから見ていてもインかアウトか、
 当時の私には全く判断ができませんでした (今でもかなり怪しいですが)
「ヤバイ。プロ選手のサービス、ヤバイ、まじでヤバイよ、マジヤバイ。」
 …という某コピペができそうなくらいの衝撃でした。

また、デントのサービス練習(会場の開場前に選手が練習していることが多いです)で、
 ずーっと観察していました。
フラットとスピンで、ベースラインで50センチ近く落差がありました。
それでいてスピンも十分早いのです。
これにもびっくりしました。
(練習後、ちゃんとサインも帽子に貰いました v(^^) )

今大会はナダルが来るとのことですので、
 そのボールが観てみたいです(が、後述のとおりの席をとりました)。

また、この席の良い点として、
 選手の表情が良く分かるという点も見逃せません。
テニスはメンタルスポーツ。
試合の流れはどうなのか、どっちにいきそうなのか、
 そういったことを意識して試合を観るには、この位置の席が最適です。


もっとも、この位置の席では、
 2階、3階席だとその「迫力」が感じられなくなってしまいます。
選手の表情も、目がいい人でなければ良く判りません。

さらに、この位置の席では、
 選手のゲームプラン、組立てが分かり辛いという大きな欠点があります。
特にダブルスを観る時には、致命的です。

なので、ここの位置の席をとる時には、
なるべくコートに近い席をとって、
選手の「球」と「表情」を臨場で楽しむ、と割り切って座るのが一番良いと思います。


…そうそう、この席の一番いい点を忘れていました。
コートサイドでは、選手のサインを貰えます。
(ただし、審判台と逆だと、ほとんど貰えません。
 ちゃんと確認して席を確保する必要があります(^^; )
サインを貰うコツはズバリ、
サインを貰おうと出している他人の手の上に、自分の手を置く
ことです(^^;;;
それも、さりげなく。
あからさまにやると、「割り込み」と同じでルール違反ですし、
 選手も厭がって他の場所に行ってしまうことが多いです。
昔の楽天オープンや全日本選手権大会では、
 大人げない大人(=私)が、上背を利用して少年少女の上からサインを貰っている姿が目撃されたとか、されないとか(==;


2.ベースライン後方の席
ここの席の良いところは、なんといってもゲームの展開が良く判ることです。
しかも、前列でなくとも構いません。
なので、席をとるのが遅れた、という場合には、
私はこの位置でなるべくコートに近い席をとります。

また、選手の正面ですから、
 望遠レンズがある場合には選手を正面からばっちり撮れます。
(ただし、フラッシュは厳禁です。
 ファンとしてのマナーに違反、というレベルではなく、
  もはや試合中の「ルール違反」だと思います。
 退場を食らっても文句は言えないと、私は思います。)
まぁ正直なところ、
 写真を撮る暇があるなら、
 目ん玉かっぽじってよく見やがれ!勿体ねぇ!
…と思いますが(^^;
決定的瞬間なんぞ、プロのカメラマンの方が上手く撮れますものね。
後でネットで探せばいいだけです。


ただ、この席の悪い点は、
・迫力が伝わって来にくい
・サインがまず貰えない(ただし出入り口付近は高確率で貰えますが)
・スマッシュのボールが怖い
…といった点が挙げられます。

が、ロディックのサービスの凄さは、3階のこの席からでも十分判りました。
あくまで相対的なものだと思います。

…あ。
あと、有明では
 ここの位置の席で、3階席は
 「カメラに映りやすい」
 です(笑)
電光掲示板を映す時に、同じ画面に映ってしまうのです。
なので、主掲示板とは逆の3階席を確保することをお勧めします(^^;


3.その中間の席(コートの対角線の延長線上の席)
この席は、ちょうど上記1と2の中間です。
ほどほどに臨場感があり、
 ゲーム展開もそこそこ判ります。
ある種、お買い得ではあります。

ただ、この席もあまり上に行くと、
 臨場感は失い、ゲーム展開もほどほどにしか分からない
 (特にきわどい判定はよくわからない)
 ので、ちょっと損した気分になります。
せいぜいが2階席ではないでしょうか。

なお、今回私はこの位置をとりました。
それはもちろん、
・ナダルのボールをこの目で見たい(=臨場感が欲しい)
・でも他の選手の試合では展開も観たい
という点を考慮してのことです。


また、上記1から3については、
 あくまで「その位置での中心の席」の場合です。
端に行けばいくほど、メリットはだんだんと薄まります。
なので、席をとる時は、なるべく中心の席を決め打ちでとった方がいいと思います。

***
あと、ちょっとズルですが。
指定席の券を持っていれば、自由席にも入れます。
なので、指定席でコートサイドでサイドライン側の席をとれたのならば、
 ダブルスだけ自由席でベースライン側の席に移動、ということも、
 「自由席に空きが十分ある場合に限定で」
 やってみるとよいと思います。
そうすれば両方楽しめます。

***
番外ですが、サインの貰い方なぞ。

練習前はNGです。
選手も全くとりあってくれませんが、そもそも失礼だと思います。 
予定が合って急いでいる人に、自分の「いつでもいい」都合を押しつけるわけですから…

練習後には貰えますが、
 私は必ず「Thank you! Good luck!」というようにしています。

…えぇ、そうですとも。
字にしたらこんなに格好良さそうですが、
 実際には「さんきゅぅ、ぐっどらっく」くらいですとも(:¥: )

あと、移動中に呼び止める時は「Excuse me, Mr.」と言うと、
 よく立ち止まってくれます。
ひょっとすると、「何やら重要な事か?」と勘違いさせているだけかもしれませんが(^^;

試合後は、コートサイドや、コートから戻る道中ででサインをしてくれます。
ただ、危ないので、前の人を押してはいけません。
ツォンガは、サインをもらおうと殺到する私たちに、
 「シー!」(←隣のコートが試合中だった)
 と注意した上、
 私たちが将棋倒しになりかけた途端、サインするのをやめて、立ち去ってしまいました。
選手ですらこのように気を遣っているので、
 私たちがそれ以下の気の遣いようでは、
 ファンの名がすたるってもんです。

***
あと、観戦に便利なものなど。
・座布団
 …有明のコートは椅子が悪いです。お尻が痛くなるし、夜は冷えます。
  ただ、有明でも一応、ヨネックスの座布団が売っています。
・上着
 …夜は冷えます。ほぼ必須です。
・雨具

・離脱用バッグ
 …大きなバッグをもって移動するのは面倒なので、
  貴重品だけいれた鞄が別途あると便利です。
  ただし、最近は物騒なので、席においていくと危ないかもしれません。
  (前まで自由席がほとんどだったので、
   席確保のために、座布団・上着などを席において離れていました(^^; )

・日焼け止め
 …日中は日に焼けます。

・パンフレットとサインペン
 …サインを貰う為です(笑)
  最初は貰うつもりがなくとも、ばったり道で会う、ということもありますので…
  また、パンフレット以外にも、雑誌の切り抜きなどで
   好きな選手が大きく写っているものがあると良いと思います。

・通信速度の速い携帯
 …スコア速報で、センターコートやアザーコートの情報をキャッチするためです。
  観たい試合は逃せません。

・双眼鏡
 …なくともよいとは思いますが、三階席だったり、有明の陸橋の上から見る時などに。
  まぁ、持っていても恥ずかしくて中々使えませんが…(^^;;

・飲み物とお菓子
 …有明は物価が高いです。行きのコンビニで調達を強くお勧めします。
  有明には、国際展示場駅右手にサンクス、
   陸橋渡る前、パナソニックの方にセブンイレブン(だったかな?)、
   コロシアムの向こう側に2軒ほどコンビニがあります。
  なお、「暴君ハバネロ」と「コアラのマーチ」の組み合わせは秀逸です。
  もっと言えば、ハバネロとビールは最高です。
   例年、三階の自由席でテニス談義をしながらビール飲んで、迷惑かけまくってるのは、
   ほとんどの確率で私です(´・ω・)ホントスイマセン

・テニスの話ができる友人
 …(´;ω;)ウッ


***
応援の仕方。
これは全然よく判りません。
とりあえず、
・大事なポイントでは手拍子
・いいプレーには、応援するしないにかかわらず大きく拍手
 は欠かさないようにはしています。

が、正直、
・日本人選手の試合で「一本集中!」「挽回!」という声かけとか、
・相手が外国人選手なら良いプレーがあっても拍手しないとかは、
あまり好みではないので、やらないようにしています。
どうすればよいのでしょうね。

個人的な哲学ですが、
 選手がプロとして来ている以上、
 相応の礼儀をもって遇するのが、観客としてのつとめであると思っています。
それはすなわち、
 選手が気持よくプレーできるように環境を整える」こと、
 もっといえば、
 選手が良い大会だと思ってくれて、
 また来たい、またあの観客の前でプレーしたいと思うような観客であること、を目標にしています。

カネ払ってるんだから…とか、
こっちは観に来てるんだからいい試合見せろ、お前らプロだろ、
などといった、ある種の「無茶振り」(?)は逆に損な気がします。


***
…と、気が付いたら恐ろしく長くなっていました。
私の日記で歴代最長ではないでしょうか(^^;

最後まで読んでくださった、モノ好きな方奇特な方、
ありがとうございます。

一部「青年の主張」も含まれており、
 お見苦しいところもあったと思いますが、平にご容赦をm(_ _)m

Commentコメント

報告するとLaBOLA事務局に通知されます。全ての報告に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に報告しました。