惜しくもドロー

本日はキリンチャレンジカップ 日本代表vsベネズエラ代表の試合

また東京五輪世代にとってベネズエラはU-20W杯で敗れた相手でもあるのでどのような試合を見せるか楽しみです!

 

序盤は立ち上がりに中島のシュートを打つなど精力的なプレーもあったが、その後ベネズエラに攻められる展開が続き、あわや失点というシーンもあったが、そのシーンは冨安のスーパークリアでピンチを救った。

 

すると前半39分には中島の右足FKに酒井宏樹が大外から右足で合わせて日本が先制!

しかも酒井はAマッチ49試合目の出場で待望の代表初得点でこれは歴代3番目に遅い代表初得点となった。

 

後半になると日本が積極的なプレーを見せるもなかなかチャンスを作れず・・・。

その後北川と原口を投入し、また杉本と伊東も投入するなど攻撃陣を入れ替えて追加点を狙うが、逆に後半35分にPKを与えてしまい、これを決められ同点に追いつかれ、後半アディショナルタイムには左CKの流れから伊東の右クロスを吉田が頭で合わせてゴールネットを揺らしたが、オフサイドの判定。

 

結局試合は1-1のドローで終了となった。

これで連勝は3にストップとなったが、試合自体は悪くなかったと思います!

堂安の1対1の場面や北川の反転からのシュートなど光るプレーがありました!

そういうところを次のキルギス戦でしっかりと決めて、今日より良い試合ができるように頑張ってほしいです!

タグ

Commentコメント

通報するとLaBOLA事務局に報告されます。全ての通報に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に通報しました。