Scheduleアーカイブ

話虫干

”話虫干”  小路幸也著  筑摩書房
筆者の作品は初読みだが中々良かった。
本著では夏目漱石の”こころ”の内容を
 勝手に変えてしまう話虫を干す話で、
原作には無い登場人物が色々と登場し、
 糸井達によって誰が話を変えている話虫なのか
   突き止めるまでが面白かった。

 

タグ

Commentコメント

通報するとLaBOLA事務局に報告されます。全ての通報に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に通報しました。