フットサル場は日本のサッカーの未来を明るく照らすか!?

もし、子供のころにフットサル場があったなら、今の自分はどうなっていただろうか。

 

フットサルというスポーツがない時代にサッカーをはじめた。

 

練習と言えば、声出しや球拾い、素走り。

 

サッカー部のくせにサッカーボールが2~3個しかなかったため、上級生の練習の後に少しボールを蹴るだけ。

 

ボールに触る時間はほとんどなかったが、よく続けたもんだ。

 

かなり昔のことなので、今の子供らが羨ましいとは思わないが、もっとボールに触っていれば、もっとフットボールを教わっていれば今とは違う未来があったのではと時々思う。

 

日本がサッカーに沸いた2002。

 

同時にフットサルもブームとなり、日本全国にフットサル場が急増した。

 

あれから約20年が経とうとしているが、フットサル場が日本サッカーの未来を良い方向へ変えただろうか。

 

今後も変えていくだろうか。フットサル場はその役割を担っているだろうか。

 

フットサルは日本の文化になるだろうか。

 

フットサル場経営者全員に期待はしないが、フットボールを愛する経営者には頑張ってもらいたい。

 

地域の日本サッカーを担う子供らのために。

 

 

 

フットサルの文化をいっしょにつくろう

https://www.rgbfc.net/yarukihaaruka/

 

タグ

Commentコメント

通報するとLaBOLA事務局に報告されます。全ての通報に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に通報しました。
×