蹴り収めました

みなさまこんにちは

 

大掃除などで忙しい時ですね~~

 

私は今日は車を洗って

 

もう何もしたくねー!と思ってます。

 

 

こう、何もしなくて良いと決め付けると

 

精神的に楽になるようなので

 

一年の精神の疲れを

 

この冬休みでとりたいとおもいます。

 

 

体は大丈夫だったんですが

 

昨日、風邪の症状が出てきまして

 

甘酒に日本酒をにょろっと入れて寝ました。

 

2時間で起きて復活しました。

 

さすが飲む点滴ですね。

 

もう4,5年風邪を引いてませんでしたが

 

ちょっと前に出張行きまして

 

その行き付けの宿はめっちゃ乾燥してるんですね。

 

その上、加湿器も冷蔵庫もネットにもつながらない

 

町の秘境と化しております。

 

現代人には ムリ!と思えますが

 

メリットは風呂の大きさと飯ですね。

 

もう喰えん!というぐらい晩飯が出てきます。

 

朝は量は並々ですが種類が多く、栄養が高いです。

 

 

と、話はずれましたが乾燥する宿で

 

部屋にバスタオル2枚濡らしておいても

 

朝には乾きます。

 

なので携帯用の加湿器を顔付近に飛ばすように

 

寝て、喉鼻の乾燥を防いで寝るのですが

 

今回、失敗しまして

 

粘膜が乾いてしまい、ちょっと喉鼻がおかしくなりました。

 

帰って来て次の日はフットサル仲間と忘年会で

 

飲んで食ってわいわいしました。

 

まぁ飲みすぎでしたね(笑)

 

そんなに強くないのですが

 

ハイボール5杯、ビール、グラス4杯

 

日本酒1.5合で帰宅してフラフラで冷え冷えでした。

 

お酒は体を冷やしますからね。ウォッカは知りませんが?

 

んで出社する時にはまた喉鼻が・・

 

そして蹴り収めのフットサル、すげー寒かったですね~

 

昼は雪も降ってましたし。

 

それがたたり、風邪を引きましたね。

 

本日はまた喉鼻ぐらいです。

 

また甘酒に日本酒を入れて飲めば改善されるでしょう。

 

昔は風邪を引くと3日以上は寝込むという虚弱でしたが

 

栄養改善の為に勉強してから頑丈になりました。

 

食べ物って大事ですね。

 

 

さて、本題の蹴り収めですが

 

右足、左足でゴールを決めました。

 

どちらもシビアでしたが

 

左足のが気持ちよかったですね。

 

裏を取って、浮きだまのパスをもらい

 

ゴールを背負って左足でトラップ、

 

このトラップを一旦左側に落とす動作をして

 

からぶりしといて右側に転がします

 

DFはひっかかって

 

逆への対応に遅れ、

 

右足でシュート位置にセットからの

 

左足のシュートで決めました。

 

この右足のセットと同時に

 

右足はシュートの軸足になってますので

 

すぐにシュートが撃てます。

 

普通は右足でセットして

 

もう一度右足で踏み込んでからのシュートとなります。

(幅を合わせるために数ステップする人もいますね)

 

セットと踏み込みを一緒にやります。

 

これは私がフットサルで使わなければならないと思った事で

 

狭いコートではすぐにDFがカバーに来ますので

 

トラップした後すぐにシュートを撃ちます。

 

カバーに来る前に打てますので

 

使えます。

 

ま、左足のフェイントからのトラップを

 

既にシュートポイントにセットできてたら良いのですが(笑)

 

 

サッカーボールはフットサルボールより弾み、

 

また軽いのでこれをやるには難しいです。

 

トラップセット時に足元から離れてしまうほど

 

弾かれると思います。

 

 

あとこの技はワンステップでそれなりの

 

力のあるシュートを撃てないとできません。

 

助走をせずにワンステップ、

 

踏み込み、シュートの動作で力のあるシュートが撃てれば

 

できます。

 

無い人はトゥキックでもいけますが

 

トゥは体勢が悪いと精度が格段に悪くなりますので

 

かなり難しいと思います。

 

 

いやー本当に逆足で決めるのはうれしいですね。

 

次は利き足の右です。

 

パスワークで一気に敵陣へ入り、右サイドへ展開した私にパスがきたのを

 

更に味方にダイレクトで左サイドへフィードし、

 

ランニングボレーシュート!?かと思いきや

 

彼はカットINしてシュートかと思い、

 

私は右サイドからファーサイドに詰めました。

 

それを察知した彼はインステップのシュートパスを出してきました。

 

精度が高かったので私は右足を当てるだけと思い

 

準備しましたが

 

まず、相手の足にかすって起動が変わり修正、

 

と、次は味方にかすり、起動が変わりました!!

 

でもなんとか反応して決めました。

 

ちなみにシュートパスからシュートを決めるまで0.5秒もないですね。

 

よく16bitの私のノウミソが反応したものです・・・

 

そしてこの形はフットサルの王道パターンです。

 

決めるのが難しいがシュートチャンスの時は

 

ファーサイド方向にシュートをして

 

ゴレイロ(ゴールキーパー)が弾いたところを

 

ファーサイドに詰めていた者が決める、または

 

シュートに足を出してゴールを決めるパターンです。

 

 

また、もしからぶりしても

 

QBK(急にボールがきた:元日本代表柳沢選手の名言)と

 

言えばきっと許してもらえます。

 

あのプロのフォワードがゴール前で準備してなくても

 

許されるんですから。

 

QTBもあります。

 

これは日本代表川島選手の名言で

 

急に手前でブレた と言って無回転のシュートを決められています。

 

 

それでは来年も皆様QBK!!

 

じゃなくてよろしくお願い致します。

 

 

 

タグ

Commentコメント

通報するとLaBOLA事務局に報告されます。全ての通報に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に通報しました。