不思議なこと

昨日ひかるがつぶやいた。

「俺、日本代表に入れるかなぁ。。。」


なれるチャンスは十分ある

でもそれをつかめるかどうかは

今からの頑張り次第

お前の頑張りを信じてるで、と伝えておいた。

小2の小さい胸の中で、夢と現実の狭間で

期待と不安が戦っていると思うといたたまれなくなって

思わず抱きしめた。


―――――――――――――


先日の県大会の準々決勝までの結果を見て

不思議に思うことがある。


ヴィッセルU12が1回戦負け。


実は僕はこの試合結果だけを見て

「そんなはずはないから実は5年生以下でチーム編成してるんじゃね?」

と勘ぐっていた。

だってセレクションを通過した素晴らしい選手たちだし。


でもHPで確認したら普通に6年生のメンバー。


もうね、数か月前ならひっくり返るぐらい驚いていると思う。

だって県内唯一のJ傘下ジュニアチームって一番優秀な選び抜かれた選手が

集まっているはずで、そんなチームが県大会初戦で敗退するとかありえない!って。


でも今の僕はそんなに驚いてはいない、意外ではあったけど。

少年サッカーとは、育成とは、そんなに単純ではないということを

ようやく理解しつつある。


ちょうどいいタイミングでヴィッセルがU12の選手を募集している。

2年生のウチの子も応募資格に入っていた。

以前なら子供を焚き付けて応募していたかもしてない(通るわけはないけど 笑)。

上手くなるには、強くなるには、名のあるチームに入るのがベストだと思っていた。

でもそうじゃないんだよな。

子供が生き生きとサッカーできる場所なら

それがJ傘下でも強豪チームでも地元少年団でも

どこを選んでもいいってこと。


ヴィッセルU12が初戦で負けたことも実はいいことかもしれない

彼らだってこの悔しさをバネにまたジュニアユースで頑張るだろう。

不思議であって不思議ではない。

少年サッカーって正解があってないので難しくてそして面白いなぁ



Commentコメント

通報するとLaBOLA事務局に報告されます。全ての通報に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に通報しました。