J1第30節 横浜FM戦

皆さん、こんばんは!

 

先週の土曜日に行われたサガン鳥栖vs横浜F・マリノス戦をざっと振り返りたいと思います!

 

さてさてこの試合は鳥栖はなんとエースの金崎夢生が天皇杯準々決勝清水戦で2枚のイエローカードを受けて退場した為出場停止((+_+))

またまた相手はリーグ3位と絶好調の横浜F・マリノス!正直、この試合は明らかに鳥栖が不利だなと思える状況。

ただ、試合が始まる前は「きっとこんな不利な状況でもクエンカや豊田が点を取ったりしてきっと勝ってくれる!」と信じていました!

絶対的不利な状況でも粘り強いプレーで勝利をもぎ取るのがサガン鳥栖だから!

 

しかし、試合は前半は圧倒的にマリノスのペース。

マリノスの前線からの勢いのあるプレスに鳥栖の選手たちのプレーはどこか慌てている感じです(^^;)

1失点目はほんの一瞬のスキを突かれる形で遠藤渓太にボレーを決められてマリノスに先制を許します!

そして、2失点目。この失点の仕方が悪すぎました(*_*)

2失点目は高丘がボールを処理しようと右サイドに出ますが、ボールを奪えず・・・。

逆にマリノスにパスを突かれ、キーパーのいないゴールに決められてしまいます・・・。

また攻撃も全然させてもらえず。前半終了。

マリノスの2点リードで折り返します。正直前半は大人vs子供のサッカーを見ているみたいでしたね^^;

それくらいマリノスと鳥栖の実力の差がデカいことを思い知りました・・・。

 

それでも後半になると鳥栖がチャンスを作り始め、マリノスのゴールを脅かします!

後半23分に左サイドの小野裕二が右に大きくサイドチェンジすると、このボールを福田→金井が受け、この金井のラストパスを金森がスルーして最後は原川が決めて、鳥栖がようやく1点を返します。

この他にもチャンスはありましたがバーやポストに嫌われて、試合はこのまま1-2で終了・・・。

 

正直、後半はまたトスタイムがやってきたかと思いましたが、やっぱりJ1リーグはそこまで甘くなかったです^^;

今年のマリノスは強すぎました・・・。それでも鳥栖はJ1残留のために次の試合こそ勝たなければいけません!

 

次の試合はリーグ17位の松本山雅FCです!

松本は順位こそ降格圏内の17位ではあるもののリーグ7位の33失点と中の上の堅守を誇り、試合を観ていると粘り強いサッカーをしており、前節はリーグ6位のセレッソと1-1のドローに終わっています。

正直、なぜ松本が17位にいるのかと不思議に思うくらい良いサッカーをしていると思います!(おそらく原因はリーグワーストの19得点という得点力の低さ)

 

ですので鳥栖は17位だからと言って甘く見てはいけないと思います!(多分甘く見ていないと思いますが)

そもそも鳥栖は前半戦で松本にアウェイで0-1で敗れています!それだけに鳥栖もこの試合に絶対勝ちたいという思いは相当強いと思います!

この試合では金崎は戻ってきます!しかし、クエンカが出場停止だー(T_T)

それでも鳥栖はきっと勝ちます!絶対勝つという気持ちの強さがあれば絶対松本に勝てます!

 

俺たちの誇り

気持ち見せてやれ

共に戦おう

俺たちは歌う (ラーラララー ララーラ ララララーラララーララ サガン鳥栖)x2

 

俺たちの誇り

気持ち見せてやれ

共に戦おう

俺たちは歌う (ラーラララー ララーラ ララララーラララーララ サガン鳥栖)x2

 

頑張れ!サガン鳥栖!

タグ

Commentコメント

通報するとLaBOLA事務局に報告されます。全ての通報に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に通報しました。