Scheduleアーカイブ

青年のための読書クラブ

”青年のための読書クラブ”  桜庭一樹著  新潮社
筆者の作品は初読みだが、面白かった。
聖マリアナ学園に存在する「読書クラブ」を舞台にした短編ミステリー。
 地味な女学生でも、時に豹変することもあるようだ。
  各篇の主人公の雰囲気がとても良くて楽しく読めた。
また物語の最後も学園の読書クラブは朽ち果ててしまうが、
 大人になった元少女たちの読書クラブは存在していて、
  最後の読書クラブの子がいつかそこを
 探し出すかもしれないっていう終わり方も良い。
筆者の他の作品も読んで見ようと思わせる内容。

 

タグ

Commentコメント

通報するとLaBOLA事務局に報告されます。全ての通報に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に通報しました。
×