Scheduleアーカイブ

記憶の渚にて

”記憶の渚にて”  白石一文著  角川書店

3部作構成の長編小説。

新興宗教の幹部や信者が多数いて

 それだけで難解なストーリに感じた。

しかも3分の一読み終えたところで主人公があっさり殺されて

 また別の主人公に変わったり、

だんだん増えていく登場人物の相関関係を整理しながら、

 解き明かされそうになると新たな謎が提示され、

  最後もあまりスッキリしない結末。

 

タグ

Commentコメント

通報するとLaBOLA事務局に報告されます。全ての通報に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に通報しました。