Tagタグ

俺から見たバルセロナ対オサスナ

第11節、バルセロナ対オサスナです。

 

チャンピオンズリーグで温存したメッシとデ・ヨングが先発に復帰。ミンゲサをCB、ボランチにペドリを起用。左WGにコウチーニョ、右にメッシ、トップ下にグリーズマン、CFにブライスワイトを起用しました。

 

前半

4分、ミンゲサが持ち上がりロングスルーパス。デストがDFの裏をとりダイレクトでクロス。ニアにブライスワイトが飛び込みますがわずかに届かず。エレラがキャッチします。

 

バルサが序盤からパスを回し、オサスナが迎え撃ちます。

 

10分、メッシが右サイドからニアサイドにスルーパス。グリーズマンが抜け出しますが、エレラが距離をつめます。グリーズマンはサイドにドリブルでかわしますがシュートコースはなく、ゴールライン際から倒れ込みながらマイナスのクロス。コウチーニョがフリーでシュートもゴール前にカバーに入ったウナイ・ガルシアが右足を伸ばしてクリア。

 

バルサは決定機を逃します。しかし、オサスナの4-4-2の守備ブロックはボールにつられてしまう選手がいるためバランスが悪く、主導権はバルサが握ります。

 

15分、バルサは右から左に展開し、コウチーニョが中央からダイアゴナルに走り込んだグリーズマンにチップキックスルーパス。グリーズマンは走り込んだ勢いのままシュート。枠の右に外れます。

 

17分、左サイドからジョニーのアーリークロス。ブディミルが足を伸ばして合わせるも枠の上に外します。

 

オサスナも決定機を逃します。

 

20分、中盤でパスを回している間に中央でグリーズマンが裏へ抜ける動きを見せます。その動きに合わせてコウチーニョがループパス。この時点ではオフサイドポジションにいたように見えましたが、ウナイ・ガルシアがヘディングでクリアを試みて後逸。そのままグリーズマンにパスが通ります。グリーズマンは飛び出してきたエレラに対してシュート。エレラがはじきボールはゴール右へこぼれます。再びグリーズマンが拾ってデストに戻しますが、その後は攻めなおしたためシュートチャンスになりませんでした。

 

バルサはブライスワイトとグリーズマンを中心に裏へ飛び出す選手が増えて、攻撃がスムーズになっています。

 

29分、右からメッシが大きなサイドチェンジ。アルバが受けてサイドをえぐりニアのコウチーニョにパス。コウチーニョはシュートを放ちますがエレラがセーブ。ブライスワイトがつめますが、再びエレラがセーブ。そのこぼれ球をブライスワイトが再び押し込みバルサが先制します。

 

41分、バルサの波状攻撃を仕掛け、左からアルバがクロス。クリアされたボールにペナルティエリアの外にいたグリーズマンすぐさま反応し、走り込みながら強烈なボレーシュート。ドライブがかかったボールはゴールに突き刺さります。エレラは一歩も動けませんでした。

 

バルサが追加点を奪います。

 

44分、自陣からペドリが左サイドへフィード。上手く抜け出したコウチーニョが飛び出してきたエレラ相手に体を入れてボールをキープし、反転してシュート。枠の上に外れます。

 

前半は完全にバルサペース。2-0とリードして折り返します。

 

後半

ペドリに代えて、ブスケツを投入。ペドリの疲れを考慮したものか、守備のバランスを見たものかはわかりません。

 

45分、開始早々、ルベンガルシアが味方からの落としをミドルシュート。テア・シュテーゲンがセーブします。

 

50分、右ショートコーナーから絶妙なメッシのクロス。ラングレ、デ・ヨングにはわずかに合わず。ポジションが微妙に重なってしまいました。

 

56分、グリーズマンがオサスナ陣内中央で素早いプレスをかけてオイエルをつぶします。こぼれたボールをコウチーニョが拾ってショートカウンター。コウチーニョは中央のブライスワイトにラストパス。ブライスワイトはトラップするもロンカリアがボールをつつき、ボールは左サイドへ。走り込んでいたグリーズマンが受けて中へクロス。コウチーニョが押し込み、バルサが3-0とします。

 

58分、オサスナは左ショートコーナーからクロス。ブディミルがラングレと交錯しながらヘッドも枠の左。

 

直後にまたオサスナのコーナーキック。中央に入れたボールがグリーズマンの頭上を抜けてラウル・ナバスがヘッドも枠の上。

 

67分、ミンゲサがペナルティエリア内右サイドでパスミス。ブラシャナツがカットし、前方のブディミルへ。ブディミルはすぐに中央に落とし、ロベルト・トーレスがトラップからシュート。左ポスト直撃。跳ね返りがロベルト・トーレスのもとへきて、ロベルト・トーレスは再びシュートもテア・シュテーゲンがキャッチします。

 

69分、メッシのスルーパスで右サイドをグリーズマンが突破します。グリーズマンは中央に走り込んだメッシへリターン。メッシは突破を図りますが、ラウル・ナバスに止められます。しかし、トリンコンが拾って左のデンベレへパス。飛び出してきたエレラに対し、デンベレは落ち着いてゴール左へ流し込みます。

 

4-0かと思いましたが、VARでノーゴール。メッシがラウル・ナバスに止められた際に最後にメッシにボールが当たった時にトリンコンが戻りオフサイドでした。

 

72分、中央でボールを受けたメッシがトラップで1人かわしてバイタルエリアに進入。あわてて前に出てきたウナイ・ガルシアを左にかわしてファーサイドネットにシュートを突き刺します。

 

これで4-0。

 

78分、右サイドでナチョ・ビダルがブラシャナツとワン・ツーで中に入り込みスルーパス。ボルハが抜け出そうとしますが、ジュニオールが体を寄せます。しかし、ボルハは耐えてジュニオールを振り切りシュート。テア・シュテーゲンが足で触り股を抜けますが、ゴール前にカバーに入ったデ・ヨングがブロック。こぼれ球をテア・シュテーゲンがクリアします。

 

89分、メッシが右中央でボールを受けて縦にスルーパス。右サイドから上がってきたトリンコンが角度のないところからシュートも枠の左へ外れます。

 

91分、ペナルティエリアの外、ペナルティアーク左との境辺りでメッシのフリーキック。ファーサイドに強烈なシュートを放ちますがエレラが横っ飛びではじき出します。

 

バルサが4-0と完勝しました。

 

気になったプレーヤー

バルセロナ

#7グリーズマン

トップ下で躍動。CFに機動力があるFWがいると活きる。後半途中からメッシが入ったら存在感が薄くなってしまった。

 

#9ブライスワイト

DFラインの背後をとる動きで勝利に貢献。ただ、ゴール前でトラップした後に奪われてシュートが打てないことが多い。(バルサの3点目のシーンなど)ここでシュートを打てる技術がないとバルサの決定機は半減してしまうので何とかしたい。

 

#10メッシ

右サイドで攻撃の起点になったほうがチームとしては機能しそう。偽CFだと攻撃がノッキングしてしまう。今シーズンはチャンスメーカーとして期待したほうが良さそうです。

 

#28ミンゲサ

リーガデビュー。守備力は心もとないけど、ビルドアップは及第点。いろいろな選手とのマッチアップを通して成長してほしい。

 

#16ペドリ

ボランチでの起用は初めて見たが、球際の守備力が物足りない。展開力は今まで通りのプレーを見せたが、1列前のほうが適性がありそうです。

 

#14コウチーニョ

この試合では攻撃の起点として活躍。調子に波があるからなくしたい。

 

#15ラングレ

怪我が心配。退場シーンを見ると結構かかりそう。早く治ってくれることを祈ります。

 

オサスナ

該当者なし

 

総括

バルセロナ

久しぶりに完勝の試合。ただ、オサスナの守備ブロックのレベルが低かったこと、攻撃の道筋がなかったことに助けられていることも忘れてはならない。ペドリをボランチで起用したが、守備力は予想通り低い。それならリキ・プッチを起用したほうがポジションとしてはまだ適性がありそう。ペドリが悪いわけではなく、クーマンの選手起用法の問題で、適材適所がまだ見つけられていない状態です。

 

オサスナ

守備ブロックは4-4-2だけど、ボールへプレスをかけてスペースを空けてしまう選手がいるなど、戦術理解度が低かった。さらに攻撃のパターンも確立できていないのでセットプレーと個人技のみでしかチャンスが作れなかった。このままいくと降格ゾーンに落ちていきそうです。

タグ

Commentコメント

通報するとLaBOLA事務局に報告されます。全ての通報に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に通報しました。