スノボデビューの思ひ出

毎年この時期になると、積雪情報が気になってきます。
近場のゲレンデ(ハチ北方面)はここ数年安定した積雪がありません。
それでもなんだかんだで滑れてはいますが。


僕がスノボを始めたのは22歳のとき。
寒い季節にもっと寒いところへ行くなんてありえん!
と思っていたタイプですが、当時惚れてたあのコが「行く!」
って言うた瞬間から「男のロマンは雪山にあり!」となりました。


デビュー戦は岐阜県にあるダイナランドでした。
全身レンタル用品でビシっとキメて、

経験者の先輩から板の取り外しとスケーティングのレッスンが始まりました。
最初はこれでもこけまくりです。
あのコも若干うんざりしている様子。


導入レッスンが終わると、先輩に連れられて一気に頂上まで拉致されました。
最初の5分ほど指導のあと、「じゃ、下で」と言い残して去って行きました。
まさかの放置プレイ。
なんとか滑り降りるしか手段がないので、必死でふもとを目指しました。
あのコは別メニューです。


結局こんなことを夕方まで繰り返し、

最後に多少は滑れるようになったかな、というところで帰路につきました。
疲れ切った帰りの車中は爆睡です。
もちろん、あのコも爆睡です。

 


始めたきっかけはチャラい理由です。が、きっかけなんてそんなもんです。
きっかけはどうあれ、毎年性懲りもなくゲレンデへ行っています。
おもろいもんに出会えたなぁと、きっかけとなってくれたあのコには感謝です。
周囲は年々ゲレンデへ向かう意欲が薄れつつありますが、

どうにか年1回は行き続けたいと思います。

 


ちなみにあのコへの恋心は、距離が離れると共にいつしか融けて無くなりましたとさ。


 

タグ

Commentコメント

通報するとLaBOLA事務局に報告されます。全ての通報に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に通報しました。