Scheduleアーカイブ

小学五年生

”小学五年生”  重松清著  文芸春秋
久々の重松作品。
色々な場面での小学五年生の男子が主人公の話が17編。
 思春期の男の子は小さいことに一喜一憂したり、
  どうでも良さそうなことに悩んだり。
 自分自身の小学生時代を思い出しながら読んだ。
短編なのにこんなに色々な感情が伝えられるところはさすが。
 筆者は子供心を描く天才のようだ。

 

タグ

Commentコメント

通報するとLaBOLA事務局に報告されます。全ての通報に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に通報しました。
×