Scheduleアーカイブ

高校野球100年〜そして、次の1年へ

今年は節目の年で注目度が高いのかいやに外野席にお客さんが多いな、と感じます。「高校野球100年」のマフラータオルも売り切れてなくなってたよ…(´・ω・`)。

甲子園歴史館の特集展示を一通り見て回り、






切り替えていきましょう。すでに高校軟式大会の歓迎ムードいっぱいの明石にやってきましたー!(努めて明るく振る舞う)

ってか、軟式大会は甲子園の硬式大会が終わってからでしょ。今日の段階で行ってもなんにもならないんじゃあ…?



「そんなことはあみません!(噛んだ)」






今日は今日でちゃんと試合があるのです。兵庫県秋季高校野球(硬式)の地区大会は今日からスタート。明石球場では播淡地区の一回戦が予定されていました。球場に到着したときはこの日の第2試合。対戦カードは「明石高校ー社高校」でした。





























明石高校はもちろん旧制の明石中学。夏の甲子園最大延長記録の25回を戦ったチームとして、球史に不滅の名を残す古豪です。秋の大会の序盤戦は入場無料。地元の「めいこう(明高)」が試合をしているというのでちょっとのぞいてみた、という風な人もスタンドではちらほら見かけました。



社高校、調べてみると実は大正2年創立と明石より歴史がある学校です。特色の一つである体育科の設置も昭和40年と、この手の学科にしてはかなり早いほうです。今年は陸上や柔道でインターハイに選手を送り出しています。



戦前は女学校だったために野球部は後発。群雄割拠の昭和の兵庫を勝ち抜くのは難しく、平成に入って春の選抜に1度だけ出場しました。このとき堂々4強入りの成績を残しています。




















(明石高校のマネージャーさん。背中の文字は「闘志なき者は去れ」!)

いまや甲子園名物となってしまった“ネット裏のラガーさん”でも、こんなのんびりまったりしたネット裏に座ったことはありますまい。なにせ甲子園本大会と同日ですからね。



だが、これだけは言っておく。



あんたらは高校野球の半分しか見ちゃいないんだよ!(←誰だおまえ(笑))



結果から先に言うと、



社 4ー1 明石

安打:社 6、明 7

失策:社 3、明 3



今年の春の県大会準優勝、夏も5回戦まで進んだ社高校は新チームになっても力はありそうです。合計4人の投手をつぎ込みましたが、これはむしろ「誰が投げてもこのチーム相手ならそこそこ抑えられる」という自信の表れなのでしょう。一冬越えてこの中から誰がエースとして抜け出すでしょうか。みんな似たような右のオーバーハンドというのは気になりますが、ない物ねだりというものでしょう。



明石高校のエースは社の各投手と投げ合いを演じていましたから、レベルはまずまず。この日は明石守備陣のエラー3つがすべて得点にからんでしまいました。打線は走者1塁に出ればまず堅くバントという感じ。8回にエラーがらみで1点を返すにとどまりました。



秋の大会ということはつまり、来年春の選抜への第一歩。高校野球101年目に向けて時間が流れていきます。



































Commentコメント

通報するとLaBOLA事務局に報告されます。全ての通報に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に通報しました。