Tagタグ

俺から見たビジャレアル対エイバル

第2節、ビジャレアル対エイバルです。

 

日本人対決が期待されましたが、先発したのは乾のみでした。

 

前半

エイバルは4-1-4-1、ビジャレアルは4-4-2で入りました。

 

3分、右サイドのチュクウェゼが中に持ち出しスルーパス。モイ・ゴメスが受けてドミトロビッチをかわそうとしますが阻まれます。ただ、オフサイドでした。

 

8分、左からモイ・ゴメスがアーリークロス。中央に走り込んだジェラール・モレーノがダイレクトシュート。ゴール左へ決めますがわずかにオフサイドでした。

 

11分、左からのクロスにファーサイドのジェラール・モレーノが頭で折り返し中に走り込んだチュクウェゼがトラップからシュート。枠の左へ外します。

 

序盤はビジャレアルが主導権を握ります。

 

20分、ビジャレアルのコーナーキックをドミトロビッチがキャッチし左へフィード。乾がトラップから縦に持ち出し、追いかけてきたDFNお前に体を入れて抜け出しますGKと1対1になります。アセンホが上手く間合いをつめて乾のシュートをファインセーブ。

 

エイバルはビッグチャンスを逃します。

 

21分、パレホが右のパコ・アルカセルにスルーパス。パコ・アルカセルはゴールに向かってドリブルし、グラウンダーのクロス。パウロ・オリヴェイラがジェラール・モレーノの前でカットします。

 

34分、ビジャレアルのクロスをエイバルがはね返し、右サイドのマリオ・ガスパールがダイレクトでクロス。ファーサイドのパコ・アルカセルはオフサイドだと思い、軽く合わせるようなシュート。ドミトロビッチがセーブ。リプレイを見るとビジャレアルのクロスを上げた時に体を投げ出してブロックしようとしたDFがピッチに戻り切れておらず、オフサイドはなし。パコ・アルカセルは絶好機を逃しました。

 

35分、エイバルは右サイドでボールをキープし、右サイドのキケ・ガルシアが右の大外にいたペドロ・レオンにパス。ペドロ・レオンはダイレクトでリターンパス。キケ・ガルシアはスルーし、レシオがDFの手前でボールをつつき、中央のエスポジトへ。完全にフリーでボールを受けたエスポジトはゴール左へコントロールシュート。しかし、アセンホがファインセーブ。

 

時間の経過と共にエイバルが押し返しましたが、0-0で前半を折り返します。

 

後半

46分、右のチュクウェゼがニアへスルーパス。ジェラール・モレーノが走り込み、飛び出したドミトロビッチをチップキックで抜きます。しかし、パウロ・オリヴェイラがすぐさまカバーに入りゴール手前でクリア。

 

47分、左サイドからパレホのフリーキック。DFとGKの間に絶妙なクロスが入り、ドミトロビッチの手前でアルビオルが触りますが、ゴール左へ外れます。

 

49分、中央左でコクランの軽率なパスを乾がカットし、エイバルがショートカウンター。乾は前方に走り込んだエスポジトにパス。エスポジトはアルビオルの裏へスルーパス。走り込んだキケ・ガルシアがアルビオルを背中で抑えて、飛び出してきたアセンホをかわしてゴールに流し込みます。

 

エイバルが先制します。

 

53分、左からのクロスを2列目で受けたジェラール・モレーノでしたが、DFに寄せられてシュートが打てずに左に流れてクロス。ふわりとしたボールがファーサイドに上がりコクランがダイレクトボレー。しかし、大きく枠の上に外します。

 

55分、右からマリオ・ガスパールがクロス。ニアでジェラール・モレーノがヘッドもドミトロビッチがファインセーブ。

 

62分、左からのクロスがファーサイドに抜けてチュクウェゼが折り返し、ジェラール・モレーノが後ろ向きに受けます。ジェラール・モレーノは左足でシュートフェイント。180度ターンを決めて、ビガスとアルバレスを置き去りにし、右足でシュート。ファーサイドに決めます。

 

ビジャレアルがジェラール・モレーノのゴラッソで同点に追いつきます。

 

70分、左中央からモイ・ゴメスが中央のジェラール・モレーノへパス。ジェラール・モレーノはダイレクトでスルーパス。パコ・アルカセルが抜け出し、ドミトロビッチを左にかわそうとしてもたつきますが、角度のないところからゴールへ流し込みます。しかし、オフサイドの判定。そこでVARが介入し、コレラの足が残っていたため、パコ・アルカセルのオフサイドは取り消されゴールが認められます。

 

ビジャレアルが逆転に成功します。

 

73分、ドミトロビッチのロングフィード。キケ・ガルシアはオフサイドポジションにいたため関与せず。アルビオルが2バウンド見送りGKのアセンホに処理を任せようとします。そこに左サイドから乾が猛烈にプレス。アセンホが触る直前にヘッドで抜け出そうとして倒されます。しかし、乾もオフサイドでした。早送りして見ていたので詳細なリプレイがあったかもしれませんが、オフサイドではないような気がします。

 

78分、右からビジャレアルのフリーキック。ニアでジェラール・モレーノがヘッドもドミトロビッチがセーブします。

 

88分、右サイドに流れた久保がボールを引き出し、ロドリゲスに対して体を入れてボールをキープ。その後緩急を使いロドリゲスを抜き去りサイドをえぐって鋭いクロス。誰も触れずファーサイドに抜けます。誰かが触れば1点でした。

 

89分、乾が左からカットインしてシュート。DFに当たりボールはゴール前へ。セルジ・エンリクがベックヘッドでシュート。しかし、枠の右へ外れます。

 

91分、ジェラール・モレーノが中央でボールを受けて左のエストゥピニャンにスルーパス。トリゲロスはニアへクロス。久保が受けてDFを引き付けて右中央へパス。走り込んだジェラール・モレーノがトラップからシュート。ドミトロビッチがファインセーブ。こぼれ球をエストゥピニャンがつめますが枠の上に外します。

 

94分、ビジャレアルのカウンター。左でジェラール・モレーノが受けて中央にパス。久保が走り込みますがパスが悪くスピードダウン。パウロ・オリヴェイラが追いつき久保はフェイントを入れてシュートコースを作りシュートもパウロ・オリヴェイラがブロックし、ドミトロビッチがキャッチします。

 

2-1でビジャレアルが勝利しました。

 

気になったプレーヤー

#7ジェラール・モレーノ

攻撃の起点となりフィニッシャーにもなる。この試合では1ゴール1アシスト。ぜひダイジェストを見てほしいプレーだった。

 

#17パコ・アルカセル

裏への抜け出しは職人技。きっちり仕事をしました。

 

#16久保

短い時間ながらも存在感を見せる。ゴールを言う結果がほしかった。

 

#11チュクウェゼ

足元でボールを受けるとサイドは崩せないので、スペースに走るのが持ち味。しかし、オフサイドばかり。あまり機能していない。

 

エイバル

#14乾

守備での貢献が目立った。先制点の場面以外でも鋭い寄せでボールを何度も奪う。このプレーを続けられるならスタメンは確実。選手としての成長が見られました。

 

#1ドミトロビッチ

2失点はしたものの、安定したプレーを見せる。

 

総括

ビジャレアル

ポゼッション率は高かったがエイバルを圧倒できたかというと互角よりちょっと押し気味と言ったところかな。右サイドのチュクウェゼを走らせてチャンスを作ろうとしていたがことごとくオフサイド。ウナイ・エメリが走り込むタイプのSHが好きなのかもしれないがこれだけオフサイドを繰り返されると攻撃のリズムが悪くなる。その結果、時間の経過と共にエイバルに盛り返された。

 

エイバル

ボールを高い位置で奪えたらショートカウンターで点が取れそうだが、それ以外は崩せる形が少ない。守備ブロックはそこそこできているので、あとは攻撃のバリエーションを増やすことが必要です。

 

おまけ

現状では2トップが好調なだけに、久保をトップ下に置くシステムはプランBの域を出ない。バルサやレアル相手に守備的いくので1トップも考えられなくはないが、その際は守備力の高いイボーラなどが起用されそう。久保がスタメンを奪いにいくならまずは右SHがねらい目かな。2トップが調子を落としたり、久保が得点という結果を出し始めれば序列はすぐに変わりそうです。

タグ

Commentコメント

通報するとLaBOLA事務局に報告されます。全ての通報に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に通報しました。