こわれたサッカーシューズ

先日、一人多摩川でボールを蹴った帰り道、

フと足元を見たら、

右足のシューズの小指側の部分が破れていた。

そうか、

このシューズを使い始めて2,3年たったとはいえ、

こんな風にシューズが壊れるのなんて、

何年ぶりだろう。

 

そういえば、高校生の頃は、

毎日ボールを蹴っていて、

早いときは3,4カ月でシューズが破れ始めてしまい、

でも、新しいシューズを買うほどのお小遣いもなかったから、

ビニールテープでシューズをグルグル巻きにして

さらに1か月くらい無理矢理使い続けていたなー。

 

なんてことを思い出した。

 

さすがにもうすぐ40歳になる身としては

そんなことはせずに、

シューズの皮がボロくなってきたら新しいものを買うようになった。

そもそもこんな風にシューズが破れるほど

何日も続けてボールを蹴る時間も確保できないということもあるけれど。

 

今回のこのシューズは、

2足持っているうちの「雨の日用」で、

グラウンドの状態が悪いときに使う方の物だったから、

余計に傷みが激しかったのかもしれない。

 

何はともあれ、

この破れたシューズが、

十数年前のハングリーだった頃の気持ちを

思い出させてくれたことを

これからも心の片隅に留めておこうかな。

 

というわけで、

さっそく新しいシューズを買いに行かねば。

タグ

Commentコメント

通報するとLaBOLA事務局に報告されます。全ての通報に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に通報しました。