企業もアスリート化していってるようで・・・

みなさまこんにちは~

 

賛成なようで複雑な雇用問題の波が来ていますね。

 

トヨタの社長も終身雇用は限界と言い

 

日本の雇用制度は変わって行くのでしょう。

 

確かに私は実力主義に賛成です。

 

無能な上司に何度も飽きれ果て

 

多くの従業員がサービス残業している中

 

平然と定時で帰り

 

ボーナスも給料も上がらない職場がありました。

 

サービス残業ありきで仕事を取ってくる

 

会社としては判断すべき人材ですが

 

彼はみるみる出世し

 

私は一切できませんでした。

 

家に帰宅するのは12時で、次の日も早いので

 

家に帰って寝るだけで終わる日々が数カ月続きます。

 

先輩らがやれない事もやり、道を開きました。

 

しかし、認められる事はありませんでした。

 

年功序列、勤続年数優遇という日本のシステムが

 

悪いと何度も思いました。

 

 

今の職場ではほぼ私が采配を行っているので

 

人事もします。

 

なので実力重視を言っています。

 

長年いてもできない奴は会社の周りの負担だと。

 

 

でも、どこかでそれだけではダメだと

 

もう一人の私が語り掛けるので

 

実力には人間性も入れております。

 

いくら仕事ができても周りと上手くいかなければ

 

進まない仕事もあり、

 

生産性も落ち、他の社員のモチベーションも下がる。

 

 

そんな考えも持っていますが

 

もう多くの企業は実力重視に傾き

 

この流れは変わらないでしょう。

 

野球の様に 打てなければ2軍落ち→解雇

 

サッカーも、ラグビーもバスケも

 

社会人リーグにいたら

 

選手として活躍できず、更に仕事もできないとなると

 

解雇しかありません。

 

ビジネス界もアスリートの世界化をして行っていると思います。

 

 

ただ長年勤めただけ・・・

 

東大卒なだけ・・・

 

専門的な学歴は必要だが

 

一般的な学歴ももはや不要です。

 

 

そしてスキルも重要なのですが

 

今はそのスキルを使う以前に

 

仕事を解決してしまう考え方の人が上に行くようです。

 

説明が難しいのですが

 

敵が来た、守れ!←スキルを使って守る。

 

ではなく、

 

敵が来ない? 既に出兵できない様に策を打っている人がいる。

 

この策を打った人物が重要視されているようです。

 

 

アスリート化してきたビジネス界、

 

危惧すべきは人間性・・・良い人が淘汰され

 

リストラを勧告する者が断腸の思いで通告・・・

 

上に座る人物は目が行くのか?

 

目を通すのか?

 

上に座る人間こそ実力重視であることを

 

忘れないでもらいたい。私も。

 

 

ちなみにネタ話で

 

トヨタは工場で作業員を管理し

 

ウンチやオシッコに行った回数をデータに取っている。

 

そこからの生産速度とかデータ化してるんですね~

タグ

Commentコメント

通報するとLaBOLA事務局に報告されます。全ての通報に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に通報しました。