☆105回目の夏 ~鳥取県最古の高校野球部・鳥取西高校~

鳥取県に初めて野球が伝わったのは1889年(明治22年)頃といわれている。

1896年(明治29年)には鳥取中(鳥取西)で野球部が創部、1898年(明治31年)頃には鳥取師範で創部され、両校の間で対抗戦が行われた。また、1900年(明治33年)には鳥取中と島根一中(松江中→松江北)が対戦した記録も残っている。
1900年(明治33年)には米子中(米子東)でも創部され、1904年(明治37年)には鳥取中と米子中が対戦している。
当時の山陰地区は野球が盛んで、1906年(明治39年)には第1回山陰大会が開催されている。
1915年(大正4年)の第1回全国中等学校優勝野球大会の山陰予選には、鳥取中、米子中、倉吉中(倉吉東)、鳥取師範の4校が参加し、鳥取中が鳥取代表となった。

鳥取中は全国大会の座をかけ島根代表の杵築中(大社)と対戦することになったが、山陰代表決定戦は全国大会直前まで開催されなかった。というのも、第1回大会より2年前の山陰大会の試合中、地元開催側の鳥取・米子中の応援団が島根・松江中(松江北)の応援団に木刀や青竹を振り回して暴行を働き、松江中が試合を放棄して帰るというトラブルが起きた(当時は地元の応援に熱が上がりこのようなトラブルが各地で起きていた)。このトラブルはその後も尾をひき、翌年の山陰大会は中止、2年後の第1回大会予選はどちらの県で試合をしても危険という判断でなかなか開催することができなかった。苦肉の策で代表決定戦は全国大会の会場である豊中球場で開催され、鳥取中が 5 - 2 で勝利し全国大会出場を決めた。
尚、第1回全国大会予選に参加した鳥取西高校と米子東高校は、その後一度も欠かすことなく予選に参加し続けている。

 

 

 

 

鳥取県最古の野球部である鳥取西高校が、夏の鳥取大会決勝戦で鳥取商業と対戦し、1 - 2 で敗退となった。

 

鳥取西高校は鳥取県鳥取市に所在し、藩校「尚徳館」の文武併進の精神を受け継ぎ、1873年(明治6年)に第四大学区十五番変則中学校として創立した歴史を有する。
野球部は1896年(明治29年)に創部され、鳥取県最古の歴史を有する。甲子園には、春4回、夏23回出場、甲子園通算成績は25勝27敗である。
夏の全国大会予選には、鳥取県勢としては米子東、倉吉東、鳥取師範とともに1915年(大正4年)の第1回大会予選(山陰大会)に初参加した。結果は、鳥取予選で米子中(米子東)に 12 - 5、決勝は鳥取師範の棄権による不戦勝で鳥取代表となり、山陰代表決定戦を島根の杵築中(大社)と争うこととなった。代表決定戦では、杵築中に 5 - 2 で勝利し、記念すべき第1回全国大会出場を果たした。
全国大会では開幕試合に登場し、全国大会で最初の勝利校となった。
夏の予選通算成績は218勝85敗である。

 

輝かしい歴史と伝統を誇る鳥取西高校の活躍に期待したい。

 

 

 

 

 

以上です。

chat コメント 

コメントをもっと見る

通報するとLaBOLA事務局に報告されます。全ての通報に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に通報しました。